編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AJS、無償のクラウドEメールセキュリティ診断サービスを提供開始

TISインテックグループ

From: PR TIMES

2019-01-31 13:40

~既存のセキュリティツールをすり抜けた高度な脅威をクラウドで検出~

TISインテックグループのAJS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河崎 一範、以下AJS)は、ファイア・アイ株式会社(FireEye、本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:西村 隆行、以下ファイア・アイ社)と共に、既存のメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始することを発表します。



メールセキュリティ対策が普遍的な状況になった現在においても、メールを使った攻撃は増加の一途をたどっています。ファイア・アイ社が定期的にまとめている「FireEye Eメール脅威レポート」( (リンク ») )によると、企業の受信メール全体のうち約1%は、有害なものであることがわかっています。

AJSの提供する「FireEye FireProof Eメール診断サービスfor Office365」は、既存のOffice 365環境に対して手軽にメールの脅威状況を確認・把握することで、既存の対策が有効であるかを評価します。受信済みメールを分析し、既存の対策をすり抜けた高度な脅威が隠れていないかを調査することで、メール環境への脅威対策に力を入れる企業・組織を、強力に支援します。

■「FireEye FireProof Eメール診断サービスfor Office365」の特長


ISO27001とSOC2認証を取得した安心したクラウドで評価を実施します。(所在地:米国)
お客様からの評価依頼対象のメールボックスのみ評価します。
Office 365 と ファイア・アイ社のデーターセンター間は TLS で暗号化して通信を行います。
お客様ごとに独立した仮想環境を構築し、情報漏洩を阻止します。
評価の間、取得したメール情報はAES256 で暗号化して保存します。
取得した暗号鍵は一度の利用で破棄します。
取得したメール情報は、評価完了後速やかに破棄します。


■「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の流れ


リクエストフォームを記入、送信
システム管理者がOffice 365へのアクセスを承認
発見された各マルウェアについての詳細な評価結果レポートを
もとに、詳細をAJS担当者がご説明

リクエストフォームはこちら[画像: (リンク ») ]

【ファイア・アイについて】
ファイア・アイは、次世代のサイバー攻撃から、世界中の民間企業や官公庁をリアルタイムで防御するために専用設計された、仮想マシンベースのセキュリティ・プラットフォームを発明した企業です。高度なサイバー攻撃は、次世代ファイアウォールやIPS、アンチウイルス、各種ゲートウェイなど、シグネチャベースのセキュリティ対策を容易にすり抜けてしまいます。FireEye脅威対策プラットフォーム™は、攻撃ライフサイクル全体で、モバイル、Web、電子メール、ファイル・システムといった主要な攻撃経路にわたり、シグネチャを利用しないリアルタイムでダイナミックな脅威防御策を組織へ提供します。FireEyeプラットフォームの核となる仮想実行エンジンは、FireEye Threat Intelligenceによって補完されており、サイバー攻撃をリアルタイムに検出・防御することができます。ファイア・アイのソリューションは、「Forbes Global 2000」企業の940社を含む、世界67か国以上の5,000を超える組織で利用されています。

【AJSについて】
TISインテックグループのAJSは、「経営に資するIT」の提供を目指し、SIビジネスの受託開発、クラウドなどのサービスソリューション提供、人事考課システムなどのパッケージソリューション提供を行っています。グループのブランドメッセージである「Go Beyond」を合言葉に、お客様の成長戦略を支えるITブレインとして、「デジタル経営」の進化と深化に貢献します。
(リンク »)

【TISインテックグループについて】
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


【製品に関するお問い合わせ】
AJS株式会社 営業本部
TEL : 03-6742-5901 E-mail: ajsinfo@ajs.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]