Blue Prism、RPA戦略により大きな利益を実現するプロセスディスカバリーツールとサクセスアクセラレータープログラムを発表

Blue Prism 2019年01月31日

From PR TIMES

Blue PrismのConnected(コネクテッド)RPA構想の一角を成す、RPAのROI(投資利益率)を向上させる2つの新サービス

Blue Prism株式会社は、本日、新規のお客様や既存のお客様がロボティックプロセスオートメーション(RPA)の導入を通して最大の利益を獲得できるようサポートする、プロセスディスカバリーツール の提供開始およびサクセスアクセラレータープログラムの近日提供開始を発表しました。Blue Prismのポータルから利用可能なプロセスディスカバリーツールは、RPA導入の準備期間を数週間から数時間に短縮することを可能にします。このツールは、自動化の準備状況、自動化のしやすさ、自動化の効果についてプロセスを評価し、ふるいにかけて優先順位をつけるのに役立ちます。Blue Prismのサクセスアクセラレーターは、優れたRPA導入専門家にアドバイスを求めることができ、さらにRPAプロジェクトを成功に導く最新のソフトウェアにもアクセスできるプログラムとして、90日以内に提供開始予定です。



*当報道資料は、2019年1月24日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

[画像: (リンク ») ]


【2019年1月31日】 世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォース、RPAソフトウェアのリーディングプロバイダーであるBlue Prism(〔AIM: PRSM〕 ( (リンク ») ) 、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート)の日本法人であるBlue Prism株式会社(本社:東京都港区、社長:ポール・ワッツ)は、本日、新規のお客様や既存のお客様がロボティックプロセスオートメーション(RPA)の導入を通して最大の利益を獲得できるようサポートする、プロセスディスカバリーツール ( (リンク ») ) の提供開始およびサクセスアクセラレータープログラム ( (リンク ») ) の近日提供開始を発表しました。Blue Prismのポータルから利用可能なプロセスディスカバリーツールは、RPA導入の準備期間を数週間から数時間に短縮することを可能にします。このツールは、自動化の準備状況、自動化のしやすさ、自動化の効果についてプロセスを評価し、ふるいにかけて優先順位をつけるのに役立ちます。Blue Prismのサクセスアクセラレーターは、優れたRPA導入専門家にアドバイスを求めることができ、さらにRPAプロジェクトを成功に導く最新のソフトウェアにもアクセスできるプログラムとして、90日以内に提供開始予定です。

Blue Prismの最高顧客責任者(CCO)であるニール・ライト(Neil Wright)は次のように述べています。「このプロセスディスカバリーツールとサクセスアクセラレーターは、デジタルワークフォースの導入結果として得られる利益を実現できるよう、特別に開発されたものです。多くのお客様企業は従業員の十分に発揮されていない能力を十二分に活用したいと望まれています。この新たなツール・サービスは、まさにそれを可能にするものです。お客様がコネクテッドイノベーション企業を築き上げられるよう、支援します。そこでは、デジタル技術の導入によって能力を発揮できるようになった従業員が日々の反復作業から解放され、ビジネス領域全域におよぶ革新を推進していけます。ただし、これを確実に行うにはテクノロジーだけでは不十分です。相応の仕組みやコミュニティ、専門家リソースへのアクセスを可能にするパートナーシップが必要です。このパートナーシップこそが、Blue Prismの新しいConnected-RPA(コネクテッドRPA)構想の本質です」

RPA導入を可能にし、加速する
RPA導入を通して利益を獲得しようとする企業にとっての共通の課題が、最も多くの利益をもたらし、最も早く投資利益率(ROI)を上げられるプロセスを見極め、選定することです。プロセスディスカバリーツールは、この課題に取り組むお客様企業をサポートします。より早く、高い効果を実現することにより従業員は、より短期間で「デジタルイノベーター」として新たなサービスを展開でき、より一層利益を上げることに専念できるようになります。既存のお客様は、Blue Prismのプロセスディスカバリーツールで、以下の便利な機能も新たに利用できます。

● 詳細な報告書:スポンサーや株主に状況を分かりやすく伝えることができる管理スナップショットなど、あらゆる自動化に向けての活動を成功に導く真の洞察を得られます。

● リアルタイムの情報:実行中の自動化プロジェクトおよびその進捗に関するあらゆる最新の情報をリアルタイムで共有できます。また、プロセスをフィルターにかけたり並び替えたりすることもでき、より細かく捉えることができます。

● ダッシュボード:自動化プログラムを次のステージへ進める指標としても使える、重要な統計結果を一見して確認できる使いやすいダッシュボードです。

サクセスアクセラレーターを通し、Blue Prismは担当パートナーと連携しながら、企業がRPAテクノロジーを自由にフル活用できるようサポートし、最大の可能性を発揮できるようにします。サクセスアクセラレーターは、導入支援パートナーを補完するサポートパッケージとして、Blue Primのカスタマーサクセスディレクターによるアドバイスおよびメンタリング、ならびに専門家からの支援サービスが含まれます。Blue Prismは専門家によるアドバイスを提供することで、ビジネスの意思決定者からの期待管理や、自動化の導入を進める中で発生しうる、知識格差やスキル格差を防ぐ支援も行えます。さらに、Blue Prismのサクセスアクセラレーターでは以下へのアクセスも可能です。

● ロボティックオペレーティングモデル(ROM):企業全体の変革の一環としてデジタルワークフォース導入をサポートするために開発された、基準、原則およびテンプレートで構成される戦略的なメソドロジーです。

● Blue Prismサクセスディレクター:お客様のプロジェクトを、合意したビジネス成果へと導くお手伝いをします。また、お客様の担当窓口として、お客様とパートナーを含むプロジェクトチームとBlue Prismの専門家サービスとの仲介役も務めます。

● Blue Prism ROMアーキテクト:ロボティックオペレーティングモデル(ROM)の構築および自動化プロセス作成の後方支援もします。

● Blue Prismデザイン:デリバリーチームに対し、再利用可能で拡張しやすく、回復力のあるソリューションを作成できるようアドバイスを提供します。

● Blue Prismデリバリー:オブジェクト、プロセスおよび関連する文書の作成についてデリバリーチームにアドバイスし、通常サポート業務へのスムーズな引継ぎを支援します。

● Blue Prismテクニカルアーキテクト:インフラの技術的設計および技術的実装をサポートし、ICR/AI/MLといった補完的技術をどこにどのように統合すればよいかについてもアドバイスします。

詳細については、2019年4月3日~4日にロンドンで開催予定のBlue Prism World ( (リンク ») ) で、Blue Prismのビジョンおよび今後の製品強化についてより詳しい内容をご確認いただけます。また、Blue PrismのConnected-RPAによって、コネクテッドイノベーション企業へと生まれ変わったお客様の生の声をお聞きいただくこともできます。世界最大規模のRPAフォーラムとなるBlue Prism Worldイベント ( (リンク ») ) は、またとないネットワーキングの機会ともなるでしょう。ご参加をお待ちしております。

Blue Prismについて
新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするConnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。

Blue PrismのConnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員がよりクリエイティブで意義ある仕事に専念できるようにします。現在、1,000社を超える主要企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japanをご覧ください。また、Twitter @blue_prism ( (リンク ») ) やLinkedIn ( (リンク ») ) でBlue Prismをフォローしてください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]