~東陽町駅でICTを活用した情報配信による利便性向上を目指します~

東京メトロ 2019年02月15日

From PR TIMES

駅ディスプレイとスマートフォンを連携した運転支障時の情報配信に関する実証実験2019年2月15日(金)より開始!

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、より便利で快適に東京メトロをご利用いただくため、2019年2月15日(金)よりパナソニック株式会社及びパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社の協力のもと、光IDソリューション「LinkRay(TM)(リンクレイ)」(※)を活用し、列車の運転支障発生時における東陽町駅周辺の他公共交通機関への振替案内に関する実証実験を実施します。



 東京メトロアプリ(コンテンツ:メトロラボ)を起動し、東陽町駅の改札口付近に設置した「LinkRay™」対応ディスプレイにスマートフォンをかざすことで、東西線の運転に支障が発生しバスへの振替が可能となった場合には「対象路線バス」や「バスのりば」などの情報がお手元でご確認いただけます。なお、平常時は乗換えや出口に近い乗車位置が分かる「のりかえ出口案内」などをご確認いただけます。今後は、実証実験の結果を踏まえながら、設置駅の追加及びご案内内容の拡大に向けて検討を進めてまいります。
[画像1: (リンク ») ]


※「LinkRay™」とは、スマートフォンのカメラをLED光源又はその光源に照らされた対象物へかざすだけで、情 
 報をすばやく受信することができる技術です。

                       実証実験の概要

1 開始時期
 2019年2月15日(金)より開始

2 場  所 
 東陽町駅 中央改札口(改札外)
[画像2: (リンク ») ]

3 内  容
 「LinkRay™」に対応したディスプレイを設置し、東西線の運転に支障が発生してバスへの振替が可能となっ
た場合には「対象路線バス」等の情報がお手元のスマートフォンでご確認いただけます。なお、平常時は「のり
かえ出口案内」等の情報がご確認いただけます。
 本実証実験では、運転支障時における新たなご案内方法の検証を行います。
 
[画像3: (リンク ») ]


4 主な提供情報
[画像4: (リンク ») ]


5 利用方法
  事前に東京メトロアプリをインストール頂き、東陽町駅の改札口付近に設置した「LinkRay™」対応ディス
 プレイにスマートフォンをかざすことでご利用いただけます。

6 利用料金
  無 料(通信料はお客様ご負担となります。)

7 対応機種・OS
 ・iOS9.2以上(iPhone5以降)
 ・Android 搭載スマートフォン(OS5.0以降)
(1)初めて東京メトロアプリをご利用の方
  東京メトロ特設サイト( (リンク ») )より、iOSの場合はApp Storeのダウンロー
 ドページにAndroid搭載スマートフォンの場合Google Playのダウンロードページに移動できます。また、各
 ストアで「東京メトロアプリ」で検索いただいてもダウンロード可能です。
(2)これまでも東京メトロアプリをご利用いただいている方
  お持ちの東京メトロアプリのアップデートをお願いします。

8 その他
  東京メトロアプリ特設サイト( (リンク ») )をご覧ください。
 ※iPhone,iPod touch,App Store は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。
 ※Android、Google playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]