編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

セールスフォース・ドットコム、マーケティングアナリティクス機能を強化

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2019-02-18 11:00

~DatoramaからMarketing Cloudのデータ統合を実現するコネクターや開発者向けのツール、インサイトにもとづいたキャンペーン管理を可能にする機能を新たに提供~

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出伸一)は本日、マーケティングアナリティクスの機能強化について発表しました。今回新たに、Datorama(デートラマ)*1にMarketing Cloudのデータ統合を実現するコネクターや開発者向けのツール、インサイトにもとづいたキャンペーン管理を可能にするアクティベーション機能が加わりました。



DatoramaはMarketing Cloud製品の一部として、企業や広告代理店、パブリッシャー向けのAI(人工知能)を実装したマーケティング・インテリジェンスおよびアナリティクスプラットフォームです。

Datoramaはマーケティングプラットフォーム関連の豊富なAPIやAIを活用したコネクターを通じて、数百のデータソースを集約し、売上から気象や経済指標といった、マーケティングに関連するあらゆるデータを統合することが可能です。これらのデータを統合し、可視化することで、キャンペーンの実績管理、分析、効果測定が可能になり、ROI向上を促す意思決定へとつなげることができます。

この度、1.機能強化されたDatorama Marketing Cloudコネクター、2.Datorama Developer Portal、そして3.Activation CenterがDatoramaに追加となりました。

1.新しく追加されたDatorama Marketing Cloudコネクター
新しく追加されたコネクターにより、Marketing Cloudで実施したキャンペーン効果をDatoramaで可視化することができます。

[画像1: (リンク ») ]

新たに加わったDatorama Marketing Cloudコネクターにより、クリックするだけでMarketing Cloudのデータを容易にDatoramaのプラットフォームにインポートすることができ、キャンペーン効果を重要な指標と照合して確認することができます。また、強化されたレポート作成機能により、インサイトの提案、分析を可能にします。

さらに新たに提供を開始するSocial Studioコネクターを活用することで、マーケターはソーシャルメディアでの業界トレンド、ブランドヘルス、競合他社の発信が、自社のマーケティング活動全体にどういった影響を与えているのかを確認できるようになります。また、ペイドソーシャル、ペイドメディア、サイト分析、売上データやそのほかのマーケティングや広告データに関する指標と合わせてDatorama上で全体を把握できるようになります。

今夏には、従来から提供していたEmail Studioコネクターの機能拡張とMobile Studioコネクターの新たな追加が予定されています。マーケターはこうしたコネクター群を活用することで、Eメールやモバイルから、顧客に関するより深いインサイトをDatorama上でシームレスに得ることができます。

2.Datorama Developer Portal
自社のマーケティングニーズに合わせて、インテグレーションとタスクをカスタマイズして構築
[画像2: (リンク ») ]

マーケティングチームには1つとして同じものはなく、また分析やアクションの対象となるマーケティングデータのソースもそれぞれ異なります。新しいDatorama Developer Portalは、データ統合のカスタマイズやマーケティングチーム向けのソリューション構築のためのIT担当者や開発者向けのツール群を提供します。Datarama Developer Portalは、今月から提供を開始しています。

Datorama Developer Portalで提供される以下の新しいAPIと機能を利用して、Datoramaの機能を拡張することが可能です:

プラットフォームAPI:プラットフォームAPIを使って、Datoramaの実装をカスタマイズすることができます。新規ユーザーやパーミッションの規定、ガバナンスに関する方針やデータ接続、KPI設定の更新、ワークフローのパーソナライズといったタスクを自動化するためのカスタムスクリプトを構築することが可能です
クエリAPI:クエリAPIを使うことで、プレゼンテーションツールや、サイト分析スソリューションなど、マーケターがよく利用するプラットフォームと、Datoramaのデータを共有することができます
カスタムデータAPIコネクター:所属組織独自のニーズに対応するコネクターを作成するためのツールです。これにより、マーケターは、必要とするマーケティングデータのソースとAPI接続が可能になります
Pythonによるデータ取得:使いやすく、人気の高いプログラミング言語Pythonを利用して、Datoramaにデータをインポートすることができます
カスタム・ビジュアライゼーション:Datoramaでは、マーケティングキャンペーンの実績や進捗を確認するためのさまざまなオプションを提供します。独自の方法でパフォーマンスを可視化したいというマーケターのために、各種のコーディング言語を使って、カスタムのビジュアライゼーションやウィジェットを構築することも可能です


3.Datorama Activation Center
Datoramaが提案するインサイトにもとづき、キャンペーン管理やアラートを発信
[画像3: (リンク ») ]

Datorama Activation Centerにより、統合したデータやその分析にもとづき、即座に次のアクションにつなげることができます。Datoramaに表示されるリアルタイムなインサイトをもとに、緊急事態が発生した瞬間にマーケターは次のアクションを起こし、それをステークホルダーに通知するといったことが可能となります。本機能は、今月からグローバルで順次提供を開始しています。

Datorama Activation Centerが提供する機能は次の通りです:

さまざまなマーケティングや広告チャネルを横断して、マーケティングキャンペーンの効果を比較することができます。コストや顧客とのエンゲージメント、コンバージョンなどの進捗が芳しくないキャンペーンについては、クリックやif/ thenの自動化ルールで停止させることも可能です。たとえば、マーケターが複数チャネルで展開するキャンペーンをモニターするルールを作成します。もしキャンペーン実績が思わしくない場合は、設定したルールが自動的にキャンペーンを停止します
データ、目標、KPIにもとづきアラートを発信します。マーケティングチームが普段コミュニケーションツールとして利用しているEメールやSlackなどへ送信されるので、いつでもどこでもアラートを確認できます。たとえば、ある広告キャンペーンが高い実績を出した際にアラートを受け取るという設定をすることができます


*1 Datorama:デートラマ、セールスフォースカンパニーは世界唯一のマーケティング・インテリジェンス・プラットフォームDatoramaを広告主企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。2018年8月に米国セールスフォース・ドットコムに買収され、DatoramaはMarketing Cloud製品の一部として提供されています。

詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

###
セールスフォース・ドットコムについて
グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、 企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。 詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、 現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。 セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、 現在利用可能な機能を基に、 購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、 本社をサンフランシスコに置き、 ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。 同社は、 ニューヨーク証券取引所に上場しており、 ティッカーシンボルCRMで取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]