編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」IFTTT対応でエアコン・照明の自動制御が可能に

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2019-02-18 15:40

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、スマート家電リモコンがIFTTTに対応したことをおしらせいたします。



■ニュースリリース
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

この度の対応により、本製品がもつ機能だけでなく、IFTTTに登録されているさまざまなサービスと連携した家電の制御やセンサー値の取得が可能となります。たとえば「部屋の温度が18度を下回ったら、暖房24℃をつける」「自宅に近づいたら、エアコンと照明をつける」といった自動制御や「Alexaに”除湿をトリガー”と言ったら、エアコンの除湿をつける」といった声での操作、「センサー値をログに残す」「LINEに通知する」といった温度や湿度、照度の継続した見える化を実現できます。

本機能は、スマート家電リモコンRS-WFIREX4およびRS-WFIREX3での利用をサポートしています。

■サービス名:RATOC Remocon
※IFTTTで連携する家電やリモコンは、家電リモコンアプリで選択します。

■当社より提供するアプレット例(今後拡張予定)
センサー値、位置情報をトリガーとして、家電操作や通知などのアクションを指定するアプレットを提供しています。
[画像2: (リンク ») ]


■当社より提供するサービス
[画像3: (リンク ») ]

ユーザーが選んだサービスと組み合わせて、アプレットを作成するために必要なサービスを提供しています。トリガー (動作条件、15分に1回取得)
・温度(指定の温度より高い・低い・常に取得)
・湿度(指定の湿度より高い・低い・常に取得)
・照度(明るさを5段階から選択※RS-WFIREX4では実質3段階)

アクション(動作内容)
・エアコンの運転
・照明の点灯・消灯

今後、提供サービスを拡張予定です。

また、この度スマート家電リモコン情報交換の場として、facebookグループ(ラトック・スマート家電リモコンコミュニティ)を立ち上げました。ラトックシステムでは、今後もユーザーの皆様と市場のニーズに応えるべく、より使いやすく便利なサービスを提供してまいります。

【対象製品】
RS-WFIREX4 製品情報
(リンク »)
RS-WFIREX3 製品情報(在庫限り)
(リンク »)

【関連URL】
Webマニュアル(IFTTTの設定)
(リンク »)
スマート家電コントローラ(SB C&S)
(リンク »)
facebook(ラトック・スマート家電リモコンコミュニティ)
(リンク »)


法人様からのお問い合わせ
ラトックシステム 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

報道関係の方からのお問い合わせ
製品レビューや撮影などにお使いいただくための貸出機を若干数ご用意しています。デモ環境をご用意した取材なども可能ですので、ご希望の方は広報窓口までお問い合わせください。
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

一般の方からのお問い合わせ
ラトックシステムサポートセンター
Mail: (リンク ») (ご購入前、メールアイコンをタップ)
Mail: (リンク ») (ご購入後)
TEL: 【大阪】06-6633-0190 【東京】03-5847-7604


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]