アドウェイズ、Google広告のアプリ キャンペーン動画広告を、秒単位のシーン視聴率から多角的に分析できる「STROBELIGHTS 4G VIDEO ANALYZER」をリリース

株式会社アドウェイズ 2019年03月04日

From PR TIMES

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、Google広告のアプリ キャンペーン(以下、アプリ キャンペーン)の動画広告を分析する「STROBELIGHTS4G VIDEO ANALYZER(ストロボライツ4Gビデオアナライザー)」をリリースいたしました。



[画像1: (リンク ») ]


アドウェイズが提供する「STROBELIGHTS」は主要なパフォーマンス広告プラットフォームを管理し、より高次元な運用を可能にする統合管理システムです。

この度、アドウェイズでは、Google広告の運用を最適化する「STROBELIGHTS 4G」において、アプリ キャンペーンの動画クリエイティブ効果検証を多角的に行い、広告効果向上を図ることができる「VIDEO ANALYZER(ビデオアナライザー)」機能を開発いたしました。

アプリ キャンペーンでは動画広告が大きなウェイトを占め、いかに迅速に精度の高い動画クリエイティブ検証を進めるかが、広告効果に明確な差をもたらします。
「STROBELIGHTS4G VIDEO ANALYZER」は、1秒ごとの視聴率推移分析を用いて、複数の動画を比較し、構成要素、訴求内容、シーン毎の効果を多角的に研究分析することができるため、クリエイティブ制作の方針決定と施策実行を通常よりも高いクオリティで行うことが可能となりました。

これらの新設機能とSTROBELIGHTS 4Gの既存機能であるクリエイティブの配信設定と日毎配信状況を比較して確認できるレポート機能と組み合わせることにより、アプリ キャンペーンでの、高次元な広告運用を提供いたします。

[画像2: (リンク ») ]


アドウェイズでは、今後も市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充に努め、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。

※本サービスは、アドウェイズへ広告運用を委託されている企業様に提供いたします。

【STROBELIGHTSについて】
有力アドプラットフォームの運用型広告に対応した総合管理システム。広告の効率的な運用を可能にするとともに、プラットフォーム毎にビッグデータやAIを利用したエクステンション機能を搭載し、人の手で運用するだけでは達成できない高次元な広告効果を実現することが可能。

□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]