編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NRIセキュア、米大手独立系調査会社のレポートでアジア太平洋地域の代表的なマネージドセキュリティサービスベンダーとして紹介

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2019-01-24 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国大手IT調査会社フォレスター・リサーチ社*1(以下「フォレスター社」)が発行した調査レポート*2 において、マネージドセキュリティサービス(以下「MSS」)を提供するアジア太平洋地域の代表的ベンダーのひとつとして紹介されました。

フォレスター社は本調査において、アジア太平洋地域でMSS事業を行う19社を選出し、売上規模により3グループに分類*3 しています。この分析の結果、NRIセキュアは、アジア太平洋地域で最も大きい売上規模を持つ「Large」グループに属するベンダーとなっています。

NRIセキュアは、野村総合研究所の社内ベンチャー第1号としてスタートした1995年以来、当社のMSSブランドである「FNCサービス」を長年にわたり提供し、ITの発展とともに、数多くの企業・組織のお客さまに採用をいただいてまいりました。この長年の経験とノウハウをもとに、現在では北米支社を拠点に広くグローバル展開をすすめています。


NRIセキュアが提供するMSSについては、下記のサービス紹介ページをご覧ください。
セキュリティ監視・SOCサービス&セキュリティデバイス管理(FNCサービス)
(リンク »)


NRIセキュアは、今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまなサービス・製品を提供し、グローバルな規模で、安全で安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

用語解説

*1 フォレスター・リサーチ社:
Forrester Research, Inc. (リンク »)

*2 フォレスター・リサーチ社が発行した調査レポート:
Forrester Research "Now Tech: Managed Security Services in Asia Pacific, Q1 2019, Forrester's Overview of 19 Managed Security Service Providers", Jinan Budge著、2019年1月16日発行

*3 3グループに分類:
アジア太平洋地域に限ったマネージド・セキュリティ・サービスの年間売上高をベースに、対象企業をLarge(8千万ドル以上)、Midsize(3千万ドル以上、8千万ドル未満)、Small(3千万ドル未満)の3グループに分類。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]