エムティーアイの予防接種管理アプリが兵庫県神戸市にて導入!

株式会社エムティーアイ 2019年03月19日

From PR TIMES

~乳幼児を守る予防接種の管理を自動化し、より安心・安全で子育てしやすい街へ~

 母子手帳アプリ『母子モ』を運営する(株)エムティーアイは、兵庫県神戸市向けに予防接種のスケジュール管理に特化したアプリを開発し、『KOBE予防接種ナビ』として4月1日(月)より提供を開始します。
 神戸市では、乳幼児を感染症から守るために重要なワクチンの接種漏れや接種間隔の間違いを防ぐとともに、複雑な予防接種のスケジュール管理を簡略化し、保護者の負担軽減を図ることで、より安心・安全で子育てしやすいまちづくりを目指しています。
 今回、子育て支援をICTでサポートし140以上の自治体で導入されている、母子手帳アプリ『母子モ』の実績が評価され、『母子モ』の機能をベースとした当社の予防接種スケジュール管理アプリが採用されました。



◆子育てしやすい街づくりを進める兵庫県神戸市で、『KOBE予防接種ナビ』の提供を開始!

[画像1: (リンク ») ]

 免疫力の弱い乳幼児を感染症から守るためにも、乳児早期にはたくさんのワクチン接種が勧められていますが※1、必要なワクチンの種類は多くスケジュール管理も複雑なため、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会によると、接種漏れや接種間隔の間違いなどによる接種事故が、年間約6,000件以上発生しています。
 神戸市でも、平成29年度には市内で111件の接種間違いが発生したことを受け、複雑な予防接種のスケジュール管理を簡単にできるアプリ『KOBE予防接種ナビ』を導入することで、保護者の負担軽減を図るとともに、接種漏れや接種間隔の間違いを防ぎ、より安心・安全な子育てしやすいまちづくりを目指しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代に便利に活用してもらうために、140以上の自治体で導入されている母子手帳アプリ『母子モ』の機能をベースとした、当社の予防接種スケジュール管理アプリが採用されました。

※1:国立成育医療研究センター ホームページより( (リンク ») )

◆スケジュール管理も簡単!予防接種管理アプリで子育て世代をしっかりサポート
 神戸市に採用された『KOBE予防接種ナビ』は、スマートフォンに対応したサービスで、予防接種の自動スケジュール管理や、周辺地域のワクチン接種可能な医療機関検索、市が配信する地域の予防接種に関する情報をお知らせするなど、便利な機能が充実しています。

<『KOBE予防接種ナビ』の主な機能>
●予防接種のスケジュール管理:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理
●お知らせ機能:接種予定日が近づくとプッシュ通知でお知らせ、任意予防接種や地域の感染症情報の配信
●医療機関検索機能:周辺のワクチン接種が実施可能な医療機関の検索、医療機関までの地図表示
●多言語翻訳機能:英語、中国語、韓国語、ベトナム語の4カ国語に対応
[画像2: (リンク ») ]


サービス名:KOBE予防接種ナビ
月額料金(税込):無料
アクセス方法:App Store、Google Playで『KOBE予防接種ナビ』で検索(対応OS: Android 5.0以上、iOS 9.0以上)

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]