デリケートな目のエイジングケア*2ができる新機能「アイリフトRFテクノロジー」を独自開発大人の女性の複合的なお肌悩みに応えるマルチ機能のRF美顔器『フォトプラスEX eye pro』

ヤーマン株式会社 2019年04月01日

From PR TIMES

2019年4月1日より公式通販サイト「ヤーマンオンラインストア」、順次ヤーマン直営店、一部の家電量販店、免税店で販売開始

ヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎貴三代、所在地:東京都江東区)は、先端テクノロジーと常識にとらわれないアイディアを駆使して新たな美を想像するブランドYA-MAN TOKYO JAPANの人気シリーズ「RF(ラジオ波)美容機器シリーズ」より、ダブル波EMSと温感のアイケアモードを搭載したより幅広いお肌の悩みに応える『フォトプラスEX eye pro』を2019年4月1日より新発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■RF(ラジオ波)美容機器シリーズの特徴
当社のRF(ラジオ波)美容器シリーズは、美容機器専業40年の歴史を誇る当社の製品の中で最も人気の高いシリーズです。
同シリーズの美顔器は、特許を取得した*3二重リング型電極を用いた「RFリフトテクノロジー」を採用。一般的なRF美顔器に採用される点電極と比較して、肌への接地面積が広く、熱が1か所に集中する危険性が少なく、効率的にトリートメントを行えます。また、接地面積が広いことで肌をすばやく、深く*4、長く温めることができ、短い時間でトリートメントを行えます。


■『フォトプラス EX eye pro』のご紹介
美顔器カテゴリでマーケットシェアNo.1*1の当社の美顔器『フォトプラス』の最新モデル
ヤーマンのRFリフトテクノロジーとアイケアが生み出す独自技術「アイリフトRFテクノロジー」で目もとの集中トリートメント


【機能特徴】
・温感RF×マイクロカレント「アイリフトRFテクノロジー」
乾燥などで年齢サインの出やすい目もとを集中トリートメントができる機能。
デリケートな目もとにも温感を与えられるようにRFの出力を目元専用に改良。マイクロカレントの微弱電流と同時出力することによってじんわりと温かさを感じられる目元のエイジングケア*2が実現しました。

・ダブル波EMSで表情筋ケアがパワーアップ
「フォトプラス EX eye pro」は従来の「フォトプラス(HRF-10T)」に搭載していた低周波EMSに加え、より深部※4まで届く中周波も網羅したダブル波EMSを搭載。
スキンケアではケアしきれない、お肌のハリ不足を、ダブル波EMSのパワフルな電気刺激でギュギュっと筋肉を動かして引き締めます。

・6機能を1台に、あらゆる肌悩みに応えます
RF(ラジオ波)、イオン導出入、EMS、マイクロカレント、LEDフォト、冷却という、エステで人気のメニューをこの1台で体感できます。
毛穴の気になる季節や、乾燥が気になる方、お肌をすっきりとさせたい方など、大人女性の様々な肌悩みに1台で応える、心強い機能が満載。

【こんな方におすすめ】
〇スキンケアアイテムでは物足りないと感じる方
〇年齢とともにお顔のハリ不足が気になる
〇様々な肌悩みに対応する1台が欲しい方

■新機能「アイリフトRFテクノロジー」 アイケアモードの使い方
目頭から目尻に向かってスタンプを押すように、「押し当て→離す→移動」を繰り返してください。上まぶたは避けて、押し当ての時間の目安は約3秒です。1分経過するとブザー音でお知らせ。(ブザー音:ピッピッ)そのあと、反対側の目もとのケアへうつります。
[画像2: (リンク ») ]




*((株))富士経済「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ2018」2016年美顔器カテゴリにおけるメーカーマーケットシェア
*2年齢に応じたケア
*3特許取得番号:第6212608号
*4角質層まで


[画像3: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]