レバーで簡単に天板の高さを調整して、仕事中の姿勢を自由に変えられる昇降台 「デスク用昇降台」DSK10 発売

株式会社キングジム 2019年04月02日

From PR TIMES

 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、既存のデスクに置いて天板の高さを調整し、座っても立っても作業ができる「デスク用昇降台」DSK10を、2019年5月17日(金)より発売します。初年度販売目標数量は5千台です。



[画像1: (リンク ») ]

 近年、大手企業を中心に、社員の健康増進を重要な経営課題と位置づけ、「健康経営」を推進する動きが活発化しています※。座った状態でのパソコン作業を禁止する企業や、昇降デスクを導入する企業が話題になりました。

 今回発売する「デスク用昇降台」DSK10は、既存のデスクに乗せるだけでパソコンなどのディスプレイの高さを調整でき、座っても立っても作業ができる昇降台です。本体はスライド式のキーボード台付きで、使わない時は収納してデスク上を広く活用することができます。昇降にはガス圧式を採用し、本体のレバーを引くだけで好みの高さに調整することができます。また、補助脚付きで、天板を高い位置に設定しても安定して作業可能です。

 キングジムは、「デスク用昇降台」DSK10の発売により、新たなユーザー層の獲得を目指してまいります。

※経済産業省 「健康経営銘柄2019」に37社を選定しました! (リンク »)

■ 製品概要
製品名・品番:「デスク用昇降台」DSK10
発  売  日 :2019年5月17日(金)
価    格:¥26,000 +消費税

■ 製品特長
・デスクに乗せるだけで簡単に設置可能
組み立てに必要な工具は同梱されているため、既存のデスクに乗せるだけで、簡単に設置することができます。
[画像2: (リンク ») ]



・天板の高さはレバー操作で調整可能
昇降はガス圧式で、レバー操作で簡単に約14cm~46cmの範囲で高さの無段階調整ができます。
[画像3: (リンク ») ]



・デスクを広く使える、スライド式のキーボード台付き
キーボード台はスライド式のため、使用しない時はキーボードやマウスを収納できます。また、本体の奥行きはスリムな設計で、デスクの手前を広く使えます。
[画像4: (リンク ») ]



・安定感の増す補助脚付き
昇降台を上昇させた際は、付属の補助脚で天板を支えられるため、高い位置でも安定して作業できます。
[画像5: (リンク ») ]

左:補助脚あり(キーボード台を引き出した状態) 右:補助脚なし(キーボード台を収納した状態)


■製品仕様
品名・品番   :デスク用昇降台 DSK10
本体価格    :¥26,000 +消費税
本体色     :クロ
外形寸法    :約760(W)×400(D)×600~930(H)mm
天板昇降範囲  :約140mm~460mm
天板寸法    :約750(W)×330(D)mm
キーボード台寸法:約630(W)×180(D)mm
総耐荷重    :約15kg(天板:約13kg、キーボード台:約2kg)
材質      :天板・キーボード台:MDF(PVC貼り)
         台座・支柱:スチール
質量      :約19kg
セット内容   :天板ユニット(キーボード台・補助脚付)×1、支柱(昇降操作レバー付)×1、台座×1、ネジ
         (支柱固定用×6、天板ユニット固定用×2、昇降操作レバー固定用×3)、スパナ(プラスドラ
         イバー付)×1、六角レンチ×1、ディスプレイ固定用粘着シート×4、取扱説明書(保証書付)
※本製品は組立式です。

■ 製品写真

[画像6: (リンク ») ]


ご掲載していただく場合は、下記のお問い合せ先をお願いします。
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)
0120-79-8107(ナットクのパートナー)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]