Office 2019への製品対応が完了

ハミングヘッズ株式会社 2019年04月02日

From PR TIMES

最新環境でも情報漏えいゼロを実現

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区)の情報漏洩対策ソフト「Security Platform」、サイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform」、が、Office 2019に対応しました。



[画像1: (リンク ») ]

◆クラウドでもオンプレミスでも使える
クラウドで利用するOffice 365の機能を、オンプレミスでも利用できるように実装されたOffice 2019。世界的なクラウド化が進む中でも、クラウドに接続できない/させない環境での業務の需要は未だに根強いです。総務省の出している平成30年版情報通信白書によると、クラウドを利用していない企業の割合は43.1%(n=2570、2017年)と、半数近い企業はクラウドに接続しない環境で業務を行っています。

弊社製品はクラウド向けのOffice 365のたび重なるアップデートに都度対応していますが、この度オンプレミス向けのOffice 2019にも対応しました。もちろん、これまでのOffice製品にも対応しており、クラウドでもオンプレミスでも、網羅的にセキュアな環境を実現しています。


◆850万項目のテストで万全なセキュリティ

PCのセキュリティ向上策の1つとして、常にOSや各種アプリケーションを最新バージョンにアップデートしておく、ということが挙げられます。しかし、各OS・アプリがアップデートしていてもセキュリティ製品が未対応のままだと、アップデートされた部分は、却ってセキュリティホールになり得ます。
[画像2: (リンク ») ]


従って、セキュリティ製品には迅速なアップデート対応が求められます。近年ではWindows 10に適用される年に2回の大型アップデートや、Office 365の月次アップデートなど、頻繁にOSやアプリのアップデートが行われますが、弊社製品は常に対応を続けています。850万項目にのぼる厳正なテストを約5000台のPCと、弊社製品であるAI Humming Headsにより完全に自動化。毎回のバージョンアップに際して、最高品質の製品を提供しています。

Office 2019環境でも網羅的に情報漏えいを防止。最新環境での業務も弊社製品にお任せください!

-------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ
ハミングヘッズ株式会社
HP URL : (リンク »)
TEL : 03-6808-1300
E-mail: sales@hummingheads.co.jp
-------------------------------------

※ 本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※ Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※ 記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※ セキュリティプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ディフェンスプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ AI Humming Headsの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ハミングヘッズ、ハミングヘッズセキュリティプラットフォーム、ハミングヘッズディフェンスプラットフォーム、AI Humming Heads、AIHHはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ハミングヘッズ株式会社の関連情報

ハミングヘッズ株式会社

ハミングヘッズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]