世界的に権威のある「TIPAアワード」を25年連続で受賞

キヤノン株式会社 2019年04月02日

From PR TIMES

キヤノンのデジタルカメラ1機種と交換レンズ3機種の合計4機種が、世界的に権威のある写真・映像関連の賞「TIPAアワード 2019」において、最優秀賞を受賞しました。これにより、キヤノンは25年連続(※)で「TIPAアワード」を受賞したことになります。これを励みとして、今後もプロからエントリーまで幅広いユーザーのニーズに応える製品づくりを続けていきます。



■「TIPAアワード 2019」最優秀賞受賞製品(4件)

[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



<ご参考>「TIPAアワード」とは
「TIPA(Technical Image Press Association)」は、欧州を中心とした14カ国・地域のカメラ、ビデオなどの分野における主要な専門誌、30誌が加盟している業界団体です。
「TIPAアワード」は、同団体が毎年、過去1年間に発表された写真・映像関連製品の中から、革新性・技術力・デザイン・使いやすさなどの観点で選定した、その年を代表する優れた製品・技術に対して贈られる賞です。1991年にスタートして以来、今年で29年目を迎えました。
キヤノンは、1992年に初めて受賞した一眼レフカメラ「EOS 100」から数え、今回の受賞を含め、さまざまな製品・技術において、これまでに27回(年)・91賞(※)を受賞しています。

※ 「TIPAアワード1998-1999」において「Best Pro Digital Camera」を受賞した、米国イーストマン・コダック社との協業製品「EOS D2000」を含みます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]