「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes)」に株式会社Asobica代表今田孝哉が選出

株式会社Asobica 2019年04月03日

From PR TIMES

コミュニティ運営プラットフォーム「fever」を提供する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、代表取締役:今田孝哉)は、4月2日(火) Forbes が発表した「Forbes 30 Under 30 Asia」のFinance&vc部門に、代表今田が選出されたことをお知らせ致します。



[画像1: (リンク ») ]


【詳細は以下からご覧いただけます】
(リンク »)


Forbes 30 Under 30 Asia とは

「Forbes 30 Under 30 Asia」とは、アジア太平洋地域の23カ国を対象に各分野で活躍中の30歳未満の人材を選出するForbes Asiaの企画。2019年は全10部門で2000人を超えるのエントリーからアジアを代表する300人が選出されている。過去には羽生結弦氏、香川真司氏、大谷翔平氏などが選出され、2019年は大坂なおみ氏も選出されている。

[画像2: (リンク ») ]

(※上記画像は以下公式ページから引用)
(リンク »)

今田孝哉 について

学生時代、音楽フェスを立ち上げ3年後には県内大規模に成長。大学卒業後は「世界で一番起業家を輩出する」をビジョンに掲げるファインドスターグループ(スタークス株式会社)に入社し6ヶ月で社内記録を更新。1年目にして新規事業を立ち上げに従事。SaaSサービスの立ち上げを手がける。その後自身で株式会社Asobicaを立ち上げ、2018年4月にコミュニティ運営プラットホーム「fever」をリリース。
【twitter】: (リンク »)
【Facebook】: (リンク »)


株式会社Asobica について

ミッション「遊びのような熱狂を、世界中に」
"テクノロジーの力でコミュニティの可能性を最大化する"をテーマに、2018年4月に個人向けのコミュニティ運営プラットホーム「fever」をリリース。8ヶ月後の2018年12月には法人向けのコミュニティ構築サービス「fever for business」をリリースし、コミュニティ支援の領域を更に拡大。活用する企業・団体は既に320社を超える。

【fever for business

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]