クラウドタスク管理ツール「ReTask」に、ガントチャート機能を正式搭載!「個人」、「チーム」、「全社」を同時に見渡すことが可能に

株式会社メディアナビ 2019年04月03日

From PR TIMES

ガントチャート機能は200円の追加で利用可能(基本機能は300円)。低価格で業務管理を実現します。

クラウド型タスク管理ツール「ReTask」にガントチャート機能が正式オプション化。
プロジェクトの進行状況の管理や、複数プロジェクトを掛け持ちする担当者の負荷状況など様々な管理が可能。プロジェクトの工程管理と社員の労働負荷管理を同時にできるようになりました。



株式会社メディアナビ(東京、牧野朗子社長、03-5467-1541)は、2019年4月3日(水)、業務を見える化するクラウドタスク管理ツール「ReTask」(読み:リタスク)の新機能をリリース。 ガントチャート機能を大幅に強化した結果、個人のタスク管理、チームのプロジェクト管理、全社員の労働負荷管理をすべて同時に行うことが可能になりました。

[画像1: (リンク ») ]


ReTaskはこれまで建設業、製造業、システム開発といった業種で活用されており、既存顧客に対してベータ版としてガントチャート機能を提供。多くの意見を取り入れながらアップデートを繰り返し、この度、正式オプションサービスとして提供することとなりました。

ガントオプション付きサービスは1ユーザーあたり月額500円(年払いの場合、以下同様)と大変リーズナブルな価格に設定。ガントチャートが不要なユーザーは基本機能のみ月額300円で利用可能です。
オプションは1ライセンスから利用可能で、例えば「タスク管理のみ使いたい人は基本機能のみ、管理メンバーはガントオプション付き」といった契約も可能なので、全社導入をして業務改善をしつつ、1ライセンスあたりの単価を抑えることができます。

ReTask公式サイトにて、30日間利用可能「ReTask」の無料のトライアルアカウントを受付中。
(リンク »)
(期間終了後、お申し込みがない限り自動継続されることはありませんので、お気軽にお試しいただけます。)



■ ガントチャート機能で個人、チーム、全社の管理が可能に ■




タスクを登録するだけで自動的にガントチャートを作成、タスク管理機能と連動


Excelなどを使ってガントチャートを作成しようとして、それだけで膨大な時間を要してしまった経験はありませんか?
「ReTask」はタスク管理とガントチャート作成を目的とした専用のオンラインツールですので、素早く登録することができます。
プロジェクト管理者がExcelデータから一括でタスクを登録したり、各担当者が作業内容と日付を入力することで、自動的にガントチャートが生成されます。グラフの表示なども自動化できるので、今までExcelなどで作っていた時間を大幅に省けます。作成後は、グラフを直接操作して変更することも可能です。

データはすべてクラウド上にあるので、チームメンバーでリアルタイムに同じ内容を確認しながら確認をしたり編集をしたり、各個人の進捗状況を共有することができます。
また、タスクの期限が近づくと自動的にメールやチャットで送信し、タスクの忘れ防止を手助けします。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]




ガントチャート横断表示で複数のプロジェクト同時表示や、担当者の絞り込みが可能


「ReTask」のガントチャート機能は単一プロジェクトの管理だけでなく、複数プロジェクトの同時管理も可能です。
例えば、部内のプロジェクトすべて横断表示して作業負荷状態を確認をしてヒューマンリソースを管理することができます。更にフィルタ機能と併用すれば、担当者別に絞り込み一覧表示したり、進捗を確認したり、作業の再分配することもできます。

あるいは「企画部門」「製造部門」「営業部門」といった異なるプロジェクトを連携して全社の動きを同時閲覧し、全社員の作業工程を一画面で見るといった使い方も可能です。

[画像4: (リンク ») ]




遅れているタスク、期限未設定タスクは色で警告

予定日より遅れているタスクは担当者に通知を送るほか、ガントチャート上で赤色で表示し周囲にも警告します。
期限を決めずに登録しただけのタスクは緑色で表示し、登録を促します。
また、進捗率の入力をすることで、現在の進行状況を伝えることもできます。


[画像5: (リンク ») ]




作業を連携するタスク同士をリンク線でつないで工程管理

例えば、資材の仕入れで「関係部署ヒヤリング」→「発注数確定」→「見積り依頼」→「発注」→「納品」という工程がワンセットあったとして、これらのタスクを線でつないで流れでワンセットで管理をすることができます。
Aの作業が終わらないとBが始まらないというケースなどに活用することができます。
[画像6: (リンク ») ]




Excelデータで入出力可能

「過去にExcelで作った資産を使いたい」、「他のシステムでも加工して使いたい」というケースにも対応。
「ReTask」はプロジェクト全体をExcelデータをバックアップ目的でエクスポートしたり、更に改変してインポートすることができます。
過去資産の流用だけでなく、例えば、繰り返し行われるプロジェクトをExcelデータで保管しておき、別プロジェクトとして流用することで、業務効率が上がります。
インポート時には担当者の置き換えもできますので、Excelをプロジェクトの引き継ぎテンプレートとして保管しておくといった使い方も可能です
[画像7: (リンク ») ]




タスク管理機能は1ユーザーあたり300円から、 ガントオプションは+200円でご利用可能!組み合わせも自由


[画像8: (リンク ») ]


クラウドタスク管理ツール「ReTask」について

クラウドタスク管理ツール「ReTask」について
「ReTask」は、1ユーザーあたり1ヶ月300円から利用できるチームコラボレーション型のタスク管理ツールです。
パソコンでの利用はもちろん、スマートフォンやタブレットなどの様々なデバイスで、インターネットに接続された環境ならどこでも利用可能です。
2018年6月にサービス公開をして以来、建築関係、システム開発関係の業種を始めとした、さまざまな業種のプロジェクト管理の業務に活用されています。
ReTaskは各社員のTo-Do管理の枠にとどまらず、業務を見える化を目指して、ワークロード(労働負荷分析)やガントチャート(業務の工程管理)を搭載し、「チーム全体が本来業務に全力投球できる、働き方改革ツール」として進化をしています。働き方改革やHRテックが話題となる中、今後もビジネスチャットとの連携やAI対応などにより、様々な業態の企業のユーザーが活用できるツールを目指して進化していきます。

無料トライアル版と製品版の申し込みは、ReTask公式サイト( (リンク ») )より受け付けています。

製品名 : ReTask [読み:リタスク]

価格(1ユーザーあたり、税別):
[年払いプラン]基本機能:3,600円 / ガントオプション: +2,400円
[月払いプラン]基本機能:360円 / ガントオプション:+240円

トライアル版:
公式サイトの専用フォームからの申し込みで30日間の無料トライアル版を提供。

動作環境:
PC / スマートフォン / タブレットの各種ブラウザー

ご注意事項:
対象は法人のみとさせていただきます。個人でのお申し込みはできません。

製品サイトURL:
(リンク »)

株式会社メディアナビについて
社名 : 株式会社メディアナビ (MEDIA NAVI,Inc.)
代表取締役:牧野 朗子
所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東 1-10-9 リマージュ K 2F
TEL : 03-5467-1541 FAX : 03-5467-1780

株式会社メディアナビは、創立以来、CD/DVD/BD、名刺、カレンダーの印刷ソフトをはじめとする、便利な印刷ソフトや写真素材検索ソフト、インクの節約ソフトなどのパッケージ製品を軸にソフトウェアの企画・開発・販売し、お客様の印刷ライフをさら に快適にする環境作りを作り上げてきました。2008年以降、新シリーズとして動画変換ソフト、仕事快適化ツールのジャンルを拡充。更に2013年よりパソコンのサポートサービスや、スマートフォン・タブレット向けのアプリケーションの提供を開始し、パソコンソフトの枠にとらわれない製品・サービスづくりを続けてきております。そして2018年より新規事業としてBtoB向けサービス・ソフトウェアへと幅を広げ、さらなる事業拡大とITを活用したお客様に喜ばれる製品提供を目指していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]