O-RAN Alliance と Linux Foundation が O-RANオープンソース コミュニティを発足

The Linux Foundation Japan 2019年04月03日

From PR TIMES

近い分野に携わるオープンソース ネットワーキング コミュニティ同士のコラボレーションを促進

O-RAN AllianceとLinux Foundationは、カリフォルニア州サンノゼで開催中のOpen Networking Summit North Americaにおいて4月2日 (米国時間)、O-RAN Software Community (O-RAN SC) の発足を発表しました。

2019年4月2日 カリフォルニア州サンノゼ発 ー Open Networking Summit North America ー O-RAN Alliance ( (リンク ») ) と Linux Foundation ( (リンク ») ) は、O-RAN Software Community (O-RAN SC (リンク ») ) の発足を発表しました。

通信業界は大きな変化を遂げており、5Gは私たちの生活、仕事、遊びの方法を根本的に変えると期待されています。このことは、通信事業者がビジネスの成功を確実にするには、可能な限り迅速にネットワーク インフラを商用利用可能にすることが重要であることを意味しています。そのため協力と費用対効果の高い方法で製品開発を加速させる最も効率的な方法であるオープンソースへの転換期を迎えています。

O-RAN SCは、O-RAN Allianceのオープン アーキテクチャに沿ったオープンソフトウェアを提供します。Linux Foundationの新しいオープンソース コミュニティとして、O-RAN SCはO-RAN Allianceの支援を受けて、モジュール、オープン、インテリジェント、効率的、アジャイルなディスアグリゲート型の無線アクセスネットワークを可能にするオープンソース ソフトウェアを共同開発します。最初のソフトウェアプロジェクトには、near-real-time RAN intelligent controller (nRT RIC)、non-real-time RAN intelligent controller (NRT RIC)、クラウド化・仮想化プラットフォーム、 open central unit (O-CU)、open distributed unit (O-DU)、実用的なリファレンス実装を提供するためのテストとインテグレーションが含まれます。他のオープンソース ネットワーキング コミュニティと協力することで、O-RAN SCはフルオペレーター ネットワーク スタック全体の共同開発を可能にします。

O-RAN Allianceの会長で、AT&T Labs 社長、AT&T CTOである Andre Fuetsch 氏は、次のように述べています。
「O-RAN AllianceとLinux Foundation間のコラボレーションは、次世代ネットワーク関連で長期にわたり考え抜かれたイノベーションの集大成です。O-RAN SCの発足は、イノベーションの次のフェーズを示しており、ディスアグリゲート型でソフトウェア中心のプラットフォームの利点はネットワークのエッジへと移動するでしょう。5Gがフルポテンシャルに達する時、この新たなオープンソース コミュニティが非常に重要になります。」

China Mobileのチーフ サイエンティストで、O-RAN技術運営委員会の共同議長、O-RAN Alliance実行委員会メンバーである Chih-Lin I 氏 は、次のように述べています。
「O-RANオープンソース コミュニティの設立に大変興奮しています。O-RAN Allianceは、将来のワイヤレス システムに向けた「オープン」で「スマート」な無線アクセス ネットワークの構築を目指しています。初日からAllianceはそのビジョンを達成するための最も強力な手段としてオープンソースを採用してきました。O-RANオープンソース コミュニティは、O-RAN AllianceとLinux Foundation間の長年にわたる広範な審議の成果です。オープンソースの力が勢いを増し、O-RANソリューションの開発、テスト、商品化、デプロイメントを加速すると私たちは考えています。」

Linux Foundationのネットワーキング、エッジ & IoT 担当ゼネラル マネージャーである Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「テレコミュニケーションの重要なアクセス エリアのためのソフトウェアを開発するために O-RAN Alliance と協力してコミュニティを結集させることに興奮しています。実行に向けたこのステップは、標準規格間およびオープンソース組織間でのネットワーキング パートナーシップにおけるもう1つの大きなマイルストーンを示しています。」

O-RAN Alliance について

O-RAN Allianceは、次世代のワイヤレス システムの無線アクセス ネットワークにおける新しいレベルのオープン性を推進するワールドワイドでキャリア主導型のプロジェクトです。将来のRANは、仮想化されたネットワーク エレメント、ホワイトボックス ハードウェア、およびインテリジェンスとオープン性のO-RAN基本原則を完全に取り入れた標準インターフェースを基盤として構築されます。革新的な新製品のエコシステムがすでに始まっており、過去に多くの人が想像していたマルチベンダーで相互運用可能な自律型RANの基盤を形成していきますが、現在ではO-RAN Allianceのメンバーとコントリビューターのグローバルで業界全体のコミットメントとリーダーシップにより成り立ちます。O-RANの詳細は www.o-ran.org をご覧ください。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( (リンク ») ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]