ACCESS、「PUBLUS Reader for Browser」を「Microsoft Azure」のText to Speech機能に連携、EPUB 3対応電子書籍の音声読み上げ機能を実現

ACCESS 2019年04月04日

From PR TIMES

―幅広い業界で、電子書籍のアクセシビリティを向上するサービス開発を支援―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役:大石 清恭、以下ACCESS)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure( (リンク ») )」と連携し、ACCESSのEPUB 3対応電子書籍ビューワ「PUBLUS Reader( (リンク ») )」を活用した電子書籍ソリューションの新機能の開発を進めてまいります。



第一弾として、ACCESSの「PUBLUS(R) Reader for Browser」(ブラウザ版)を「Microsoft Azure」のText to Speech( (リンク ») )機能と連携させ、EPUB 3対応電子書籍の音声読み上げ機能を開発いたしました。本機能は、「PUBLUS Reader for Browser」のオプション(有償)機能として、2019年5月7日より、電子書籍を活用したサービスを展開する出版、教育業界を中心に幅広い企業を対象に提供開始いたします。

「Microsoft Azure」のText to Speech機能は、日本マイクロソフトが提供するCognitive ServiceのSpeech Serviceの一つであり、ほぼリアルタイムでテキストを音声に変換し、エンドユーザーのアクセシビリティとユーザビリティを高める機能です。変換された音声はファイルとしてMicrosoft Azure上で保存して再生することが可能です。45を超える言語に対応しており、男性・女性を含む75を超える音声から選ぶことが出来ます。速度、音程、音量、発音、休止の追加など各種パラメーターの調整も可能です。

「PUBLUS Reader」(アプリ版・ブラウザ版)は、電子書籍の国際規格であるEPUBに対応しつつ、複雑な日本語組版も忠実に再現するビューワです。活字・コミック・雑誌など多彩な出版物を、PCやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末で閲覧する環境を提供します。「PUBLUS Reader」は、国内の4大出版社や大手教育事業者をはじめとする100社以上が運営する220を超えるサービスに採用されており、国内のEPUB対応の商用ビューワとして高い支持を得ています。

この度、「PUBLUS Reader for browser」を「Microsoft Azure」のText to Speech機能のAPIと連携してEPUB 3準拠電子書籍の音声変換機能を実現しました。本ビューワと「Microsoft Azure」のText to peech機能を併せて導入することにより、事業者は電子教材や電子雑誌などに容易に音声サービスを拡張できることから、多様なエンドユーザーのニーズに向けて高付加価値サービスを迅速に提供することが可能になります。

引き続き、ACCESSは、電子出版事業に求められる技術を進化させ、事業者のサービス拡充を支援するとともに、エンドユーザーにより豊かな電子書籍体験を提供してまいります。

日本マイクロソフトからのエンドースメント
日本マイクロソフトは、株式会社ACCESS様のEPUB 3対応電子書籍ビューワ「PUBLUS Reader」の音声読み上げ機能のリリースを心より歓迎いたします。またこの機能開発において「Microsoft Azure」のText to Speech機能をご採用いただいたことにお礼申し上げます。「Microsoft Azure」のText to Speech機能と「PUBLUS Reader」を連携させることで、電子教材や電子雑誌などに容易に音声サービスを拡張できます。これにより電子書籍のアクセシビリティが向上し、お客様により豊かな電子書籍体験を提供できるものと確信しております。日本マイクロソフトは引き続き株式会社ACCESS様と連携していくことで、電子書籍を活用したサービスの普及に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長
金古 毅 様


「PUBLUS Reader」について
EPUB 3の固定版とリフロー版の両方に対応した「PUBLUS Reader for Apps」(アプリ版)と「PUBLUS Reader for Browser」(ブラウザ版)の2製品からなります。
また、違法コピーや海賊版防止対策として、コンテンツを保護する機能を備えていますので、事業者は高いセキュリティを維持したままEPUBコンテンツの配信が可能となります。
「PUBLUS Reader」は、コミック作品からノベル作品まで幅広いジャンルの電子書籍サービスに導入されており、多くの出版社や電子書籍サービス事業者より支持されています。「PUBLUS Reader」の開発エンジンは、ウェブ技術の標準化団体「World Wide Web Consortium(W3C)」に統合されたEPUB標準化団体であるIDPFの「Readiumプロジェクト」にも提供されています。
「PUBLUS Reader」に関する詳細は、以下公式サイトをご参照ください。
製品サイトPUBLUS Readerページ( (リンク ») )
コーポレートサイトPUBLUS Reader製品ページ( (リンク ») )
[画像1: (リンク ») ]



■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUS、PUBLUSロゴは、日本国、米国及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]