AI市場創出のための総合技術展INDUSTRY-FRONTIER 2019「第1回 AIとロボティクス産業展」に出展

キヤノンITソリューションズ株式会社 2019年04月04日

From PR TIMES

―画像AIにおける「ディープラーニング活用」「ビッグデータ分析」を紹介―

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金澤明、以下キヤノンITS)は、2019年4月17日(水)から19日(金)まで幕張メッセで開催される、INDUSTRY-FRONTIER 2019、「第1回 AIとロボティクス産業展」に出展します。



「INDUSTRY-FRONTIER 2019」は、AI活用のためのあらゆる技術を一堂に展示し、AIの市場・産業を拡大していくことを目的とした総合技術展です。キヤノンITSはその中の1テーマである「第1回 AIとロボティクス産業展」に出展します。
キヤノンITSは、30年以上にわたりカメラ、画像処理ボード、ソフトウェアを組み合わせた画像処理ソリューションを様々な製造現場に提供し、お客さまの抱える課題を解決してきました。「AIとロボティクス産業展」では、画像AI技術によるディープラーニングの活用例や、ビッグデータ分析のデモンストレーションを行います。

<出展詳細はこちら>
(リンク »)

■画像AI技術を用いた「ディープラーニング」「ビッグデータ分析」活用例を紹介
キヤノンITSのブースでは、画像処理ライブラリ「MatroxImagingLibrary」の「ディープラーニング機能」を活用した食品検査デモンストレーションを行います。複雑な画像分類等に最適で、一般の画像AI技術では不得意とする「位置補正」や「デコード」などの領域も対応可能です。
また、産業用カメラで撮像した多くの画像(ビッグデータ)を用いて学習モデルを生成し、状態(良不良)判定を行う、ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」のデモもご覧いただけます。他にも、キヤノンが提唱するFA向けイメージ一括管理システム「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」の1つである画像処理ソフトウェア「Vision Edition」の紹介をいたします。
[画像: (リンク ») ]

              ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」

開催概要
●開催日時: 2019年4月17日(水曜日)~19日(金曜日)10:00~17:00
●会  場: 幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1) キヤノンITSブース 小間番号:5B-12
●統括主催: 一般社団法人日本能率協会
●入場方法: 3,000円(税込) ※ WEB事前登録者、「招待状」持参者および学生は無料

● 報道関係者のお問い合わせ先
 企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
 03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先
 エンジニアリングソリューション事業部
 03-6701-3450(直通)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]