CAMPFIRE、 ソーシャルグッド事業を分社化 社会変革の担い手を支援する「株式会社GoodMorning」を設立

株式会社CAMPFIRE 2019年04月04日

From PR TIMES

~新しい時代の連帯づくりを加速、資金調達による「点」の支援から「面」の支援へ~

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役CEO:家入一真 )は、ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング「GoodMorning(グッドモーニング)」事業分社化に伴い、株式会社GoodMorning(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:酒向萌実)を設立いたします。



[画像1: (リンク ») ]

株式会社GoodMorning設立について
「GoodMorning」は、2016年10月にソーシャルグッドに特化したクラウドファンディングプラットフォームとしてCAMPFIRE内でサービスを開始しました。これまで約1,400件のプロジェクトが実行され、累計支援額は約7.3億円(2019年3月末時点)と、多くの社会課題の解決に取り組む団体や個人を支援、72,860人もの人々に「お金の支援」という形で、社会課題解決に参画いただきました。

これは現代の日本で社会課題が多様化・複雑化していることを示すだけでなく、同時に、多くの人が自らその解決に取り組み、また応援・参加する意思を持っていることも示しています。この度の分社化は、こうした流れをさらに後押しするために、より迅速な意思決定と柔軟性・機動性を確保し、既存事業「GoodMorning」にとどまらず、社会変革の担い手を一貫してサポート可能な仕組みを構築、提供することを目的としています。

株式会社GoodMorning設立に伴い、「GoodMorning」立ち上げより携わってきた事業責任者の酒向萌実が代表取締役社長に、CAMPFIREの執行役員CTOを務める中川峰志が取締役(兼務)に、それぞれ就任します。加えて株式会社CAMPFIRE代表取締役CEO家入一真、取締役COO大東洋克が取締役として参画することにより、CAMPFIREグループ間の連携、およびコーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化も図ってまいります。


GoodMorningが目指す「社会変革の支援」とは
■ 制度・文化・消費の変革を目指し、「面」の支援へ
既存事業であるクラウドファンディングプラットフォーム「GoodMorning」では、渋谷区とNPOなどが連携して立ち上げ、翌年度には渋谷区自身による事業として組み込まれるきっかけを作った「スタディクーポン」のプロジェクト(※1)や、日本初となる裁判費用を調達する「タトゥー裁判」のプロジェクト(※2)など、社会制度や司法を通じた変革につながるクラウドファンディングを支援してきました。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

※1・写真上:渋谷区の2019年度予算案に事業として組み込まれた「スタディ・クーポン」
(リンク »)
※2・写真下:逆転無罪へと繋がった、日本初の裁判費用クラウドファンディング「タトゥー裁判」
(リンク »)

このようなプロジェクトを通じて、文化・制度・消費など様々な側面における、より実際的な社会変革の支援に対するニーズが高まっているということ、そしてそれを可能にするには既存のクラウドファンディングという「点」の支援だけでなく、より幅広い手法を用いた「面」の支援が必要だということを痛感しました。

株式会社GoodMorningでは、一度の資金調達支援にとどまらず、「声を上げてから、社会を変えるまで」を一貫してサポートできる仕組みの構築を目指します。

■ ビジョン「誰の痛みも無視されない社会に」
「GoodMorning」では、名前もないお金もない、挑戦者の声なき声を、インターネットを通じて多くの人に届けてきました。

しかし、気をつけなければならないのは、誰もが資金調達など、挑戦ができる社会は「課題を個人が自らの努力で解決する社会」と常に隣り合わせにある、ということです。個人の直面する課題はしばしば、「社会の課題」だということを忘れてはいけないと考えています。

誰かが「痛み」を抱えているとき、それを「個人」の問題として矮小化せず、「社会」の問題として社会全体での解決を目指すこと。自助だけに頼らず、共助、公助の仕組みを豊かにしていくこと。

そのために「誰の痛みも無視されない社会に」というビジョンのもと、一人の個人や一つの団体の支援にとどまらず、社会に向けた発信、連帯の基盤となるコミュニティづくり、新たな社会制度の構築を支援します。

■ ミッション「誰もが社会変革の担い手になれる舞台をつくる」
株式会社GoodMorningは「誰もが社会変革の担い手になれる舞台をつくる」をミッションに掲げ、クラウドファンディングの実行者、および支援者という「社会変革の担い手」を増やし、2020年にはこれまでの累計支援者数2倍への到達を目標とします。

それに向け、「GoodMorning」では、引き続き購入型、寄付型、継続課金型のプロジェクトをサポートし、また、CAMPFIREとの強力な連携のもと、融資型クラウドファンディングやふるさと納税(ガバメントクラウドファンディング)もサポートしていきます。

2019年夏には、クラウドファンディングの個別プロジェクトを「社会問題」の視点から紹介するメディアのローンチを予定しています。また、これまでCAMPFIREが主体となってきた緊急災害支援について、今後は株式会社GoodMorningが引き継ぎ、緊急時に迅速に対応できる仕組みを構築していきます。

さらに、個人の挑戦を「社会変革」のムーブメントへと繋げていくため、一度の資金調達にとどまらず、SNSでのキャンペーンや政策化に向けたロビイング、製品を継続販売するためのECサービスの展開など、文化や制度、消費の面から社会を変えていく活動を一貫してサポートできる仕組みをつくっていきます。さらに、活動を前進させるための適切なパートナーとの連帯を促す基盤となるコミュニティづくりなど、継続的なサポートを提供していきます。


株式会社GoodMorning代表・酒向萌実より
社会に対して違和感を感じた市民の声をきっかけに、社会は少しずつ変わってきました。

「保育園に落ちたから、働きたくても働けない」「性別、年齢を理由に入試や就職で差別される」
「パートナーが同性だから結婚できない」「お金がないから、大学に進学できない」

2017年、ニューヨークを発端に世界中に広がった #metooのキャンペーンなど
インターネットを通じて声を上げた個人が社会を変えていくアクションも目立つようになっています。
勇気をもって声をあげた個人をひとりぼっちにせず、社会全体で課題に取り組んでいきたい。
そのために、わたしたちはインターネットをつかって、新しい時代の連帯をつくっていけるはずです。

1963年、米国公民権運動を率いたマーティン・ルーサー・キング・ジュニアは
演説 ”I Have a Dream” のなかで、100年前の奴隷解放宣言を
「彼らの長い夜に終止符を打つ、喜びに満ちた夜明け」“a joyous daybreak to end the long night of their captivity”
と表現し、次の壁を越えるための戦いの始まりを宣言しました。
最初の夜明けを迎えた100年後も、彼らはつぎの「夜明け」を諦めませんでした。

彼らが社会を変え続けることを諦めなかったように
わたしたちも、つぎの「夜明け」を目指して社会を変えていくことができると信じています。

社会を変えようと思った人々が、仲間やお金を集めて前進していくーー。
そうしたアクションを、わたしたちはクラウドファンディングを通じてどれくらい支えてこれただろう?
わたしたちに出来ることはもっとある、もっと見つけていきたい、今はそう思っています。

何度でも、おはようを。
GoodMorningは、社会の変革とその担い手を支え、今日も社会の夜明けをつくっていきます。
[画像4: (リンク ») ]

酒向萌実 SAKO MOMI
1994年2月生まれ、東京出身。国際基督教大学卒業後、アパレル企業の株式会社TOKYO BASEを経て2017年1月より株式会社CAMPFIREに参画。ソーシャルグッド特化型クラウドファンディングサービス"GoodMorning by CAMPFIRE"の立ち上げメンバーとして、数百に及ぶプロジェクトのサポートに従事。2018年1月より事業責任者に就任。担当した代表的な事例として、渋谷区・NPOなどによるコレクティブインパクト事業の「スタディクーポン」、日本初の裁判費用クラウドファンディング、全国子ども食堂の保険加入、国内外での緊急災害支援など。一人ひとりが連帯し合える社会を目指して、クラウドファンディングを活用した、社会課題の解決や認知拡大などに取り組む。


株式会社GoodMorningについて
名称:株式会社GoodMorning
代表取締役社長:酒向萌実
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
資本金:1000万円(株式会社CAMPFIRE100%出資)
事業内容:社会問題と向き合う人のクラウドファンディング「GoodMorning」の企画・開発・運営。

株式会社GoodMorning: (リンク »)
社会問題と向き合う人のクラウドファンディング GoodMorning: (リンク »)
Facebook: (リンク »)  / Twitter: (リンク ») (@GoodMorning_Inc)


株式会社CAMPFIREについて
CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2019年3月4日時点)までに20,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ112万人以上、流通金額は108億円に達しました。CAMPFIREは、1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、クラウドファンディングに加え「polca」「CAMPFIREファンクラブ」「CAMPFIRE Bank」「Gojo」などを通じてCAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

名称:株式会社CAMPFIRE
代表取締役CEO:家入一真
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2011年1月14日
資本金:24億4038万円(資本剰余金含む) ※2019年3月22現在
事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「FAAVO」「polca」「CAMPFIRE Owners」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、包括的金融サービス「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営。

株式会社CAMPFIRE: (リンク »)
No.1クラウドファンディング「CAMPFIRE」: (リンク »)
※「CAMPFIRE」は購入型国内クラウドファンディング 年間支援プロジェクト成立件数No.1 (矢野経済研究所調べ)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]