チャイティー専門の紅茶ブランド Moksha Chai(モクシャチャイ)がインドから上陸

The Moksha Japan株式会社 2019年04月04日

From PR TIMES

美容や健康に良いスパイスを最高の割合で配合した無添加のスパイスチャイティー

The Moksha Japan株式会社(代表取締役:C.M.カプール)は、チャイティーに特化した新しい紅茶ブランド「Moksha Chai・モクシャチャイ」(以下、モクシャチャイ)を日本で正式にローンチしました。

美容や健康に良いとされるスパイスを、最高の割合でハンドクラフトの紅茶にオリジナルにブレンド。

公式ウェブサイト
(リンク »)

働く女性や、忙しい現代人へ、癒しとゆとりのあるライフスタイルを提案する、新しいかたちの紅茶ブランドです。

■もくじ
・モクシャチャイとは
・名前の由来
・創業者
・クラフトティーとスパイスについて
・商品詳細
・モクシャチャイのミッション




モクシャチャイとは


モクシャチャイは、インドにルーツを持つ親子が創業した、チャイに特化した新しいかたちの紅茶ブランドです。

[動画: (リンク ») ]

                                      


名前の由来

モクシャとは、サンスクリット語で、「自由や解放」を意味し、広義の意味で、「癒し、くつろぎ、ゆとり」を指します。

忙しく働く現代の人に、チャイを通じて、「癒しやゆとりのある、新しいライフスタイルを提案したい」という弊社の思いが込められています。

[画像1: (リンク ») ]




創業者


代表取締役 & Founder
C.M. カプール


[画像2: (リンク ») ]

1944年、北インドの標高2006m に位置するガルワール ヒマラヤ山脈の避暑地ムッソリーで、生まれ育ち、1969年に来日。1981年に株式会社レオナールドインターコミュニケーションズを立ち上げ、日本で累計230本以上のインドに関する番組、映画、CMや雑誌の撮影、取材をコーディネート。代表番組は「世界ふしぎ発見」、「世界の車窓から」、映画「深い川」など。


Co-Founder
大久保 カプール 玲夫奈


[画像3: (リンク ») ]

1981年、日本生まれ。日印ハーフ。玲夫奈(れおな)は「日本ロケット開発の父」、工学博士の糸川英夫氏が名付け親。大学卒業後、日本の一部上場機械メーカーに入社。2011年に渡伊。現地法人立ち上げや、欧州市場開拓に従事し6年滞在。2017年に帰国後、自身のルーツでもあるインドの社会課題への関心が高まると同時に、幼い頃からいつも家で飲まれていたチャイに携わる事業がしたいという強い思いから、自らインドに出向き、茶園オーナーとの貿易交渉を経て、モクシャチャイブランドを立ち上げる。



モクシャチャイの特徴


モクシャチャイの茶葉は、100%インドから輸入しています。現地の人の手によって、心を込め、一つ一つ手で摘まれた、モクシャチャイの茶葉。

そこから厳選した質の良い茶葉を、生茶から丁寧に仕上げたモクシャチャイのクラフトティーは、芳醇な香りと、上品で高貴な味を運びます。
[画像4: (リンク ») ]

インドは、世界最大の紅茶の生産国であり消費国です。

インドには、5000年以上という長いスパイスの歴史と、東インド会社設立から続いている、洗練された紅茶の生産と加工の技術があります。

そこに、弊社が現地に提供をした、日本基準の品質管理方法と、約2年間の研究、改良を経て独自に生み出された、最高のスパイスの配合を取り入れ、モクシャチャイのオリジナルスパイスティーは誕生しました。

[画像5: (リンク ») ]

インドの家庭の味であるチャイ。

そのスパイスの香りとコクのあるチャイの味は、どこで飲んでも家にいるような、安堵感を与えてくれます。
[画像6: (リンク ») ]

インドだけではなく、欧米でも愛されるチャイティーに加え、無糖で楽しむストレートのスパイスティーまで、お好みに合わせて、様々なスタイルでお楽しみいただけます。

[画像7: (リンク ») ]

ミルクのかわりに、豆乳やココナッツミルクを入れたヘルシーチャイや、チャイスムージーなどオリジナルのレシピにもご利用可能。



オリジナル配合のスパイス



インド発祥のチャイに使われているスパイスには、美容や健康への効能や効果が高いと言われています。

モクシャチャイのスパイスの配分は、過去のイベントで提供してきた累計1000人以上の、お客様の意見や感想を反映し、改良を重ねて出来上がった、最高のスパイスの割合になっています。

[画像8: (リンク ») ]


生姜、シナモン、カルダモン、クローブなどの様々なスパイスを、無添加100%インド産のクラフトリーフティーにブレンドしているモクシャチャイ。



商品詳細         


■ギフト缶アッサムスパイスチャイ

小売価格:1,600円(税抜き)
原材料:アッサムリーフティー、生姜、シナモン、カルダモン、ブラックペッパー、クローブ
内容量:80g(26杯分)
賞味期限:2年
原産国:インド
保存方法:常温保存

[画像9: (リンク ») ]



■日本初のオリジナル素焼きカップ


インドでは素焼きのカップでチャイを飲み、飲んだ後はカップを地面に割り、土に還すという風習・文化があります。

その体験をコンセプトに取り入れ、明治時代から続く岐阜県の窯元とコラボレーションをし、モクシャチャイオリジナルの素焼きのカップを作製しました。

インドの文化と日本の伝統の融合から生み出された、モクシャチャイの素焼きカップ。

優しい赤土の手触りが、心に安らぎと癒しをもたらします。


[画像10: (リンク ») ]



素焼きカップオリジナルギフトセット 
価格:3,600円(税別)
内容量:80g缶(26杯分)素焼きカップ付き


[画像11: (リンク ») ]



パッケージデザイン


モクシャチャイは、癒しや温もりをイメージした、オレンジをブランドカラーとしています。
母の日、父の日のギフトや、季節の贈り物にも喜ばれます。

[画像12: (リンク ») ]



販売について


自社のオンラインサイトを基軸に、日本全国のレストラン、カフェなどでの取り扱いを予定しています。また、全国のデパート、ホテル、スパ、美容室、ヨガスタジオなどでの販売や提供を開始いたします。

[画像13: (リンク ») ]




モクシャチャイのソーシャルミッション


一人一人の心の豊かさの実現と、社会貢献、そして多様性ある社会を実現することをミッションとしています。一杯のチャイが、ほんの少しの日々のスパイスに、そして平和で平等な社会へのきっかけに。



フェアトレードへの取り組み


モクシャチャイはフェアトレードの取り組みへの各種準備を開始いたしました。

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開 発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」です。

お客様ひとりひとりの満足度向上に加え、創業家のルーツであるインドの生産者の生活向上の支援を継続的に行い、社会課題の解決にも取り組んでまいります。

[画像14: (リンク ») ]

モクシャチャイには、スパイスだけではなく、海外で長年暮らしてきた経験や、そこから学んだ知見、さらに日印二つの文化を持つ創業家が思い描く、理想の社会へのビジョンが全て詰まっています。

お問い合わせは下記から。



メディアおよびSNS


公式ウェブサイト(ECサイト): (リンク »)
Twitter:@mokshachai
Instagram:@moksha_chai

【本リリースに関するお問い合わせ】
The Moksha Japan株式会社
メールアドレス info@mokshajapan.co.jp
電話:080-8438-7579
担当:大久保

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]