日本酒スタートアップClear、24年熟成・1本15万円の日本酒を発売!プレミアム日本酒ブランド「SAKE100」の第4弾商品『現外 -gengai-』が、4月5日(金)より数量限定で予約販売開始!

株式会社Clear 2019年04月05日

From PR TIMES

株式会社Clear(所在地:東京都渋谷区代官山町3-13、代表取締役:生駒龍史、以下「Clear」)が展開するプレミアム日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」が、第4弾商品『現外 -gengai-』(以下、『現外』)を1本15万円で発売します。発売にあたり、本日4月5日(金)より数量限定で予約販売を開始します。『現外』は、通常の酒造りとは大きく異なる工程で製造された日本酒です。24年の熟成を経ることであらゆる要素が調和した絶妙なバランスの味わいが特徴です。なお、予約販売は「SAKE100」ECサイト限定で開始します。



[画像1: (リンク ») ]



◆熟成期間24年。 震災を乗り越えた「酒母」から生まれたヴィンテージ日本酒『現外 -gengai-』

1995年1月17日。阪神淡路大震災によって倒壊した酒蔵で、奇跡的に残ったタンク。そこに入っていたのは、日本酒のもとである「酒母」でした。一般的な酒造りの工程では、酒母を造った後に、水、蒸米、麹を加えて発酵を促す醪(もろみ)造りという工程に移ります。しかし、醸造設備の被災によって次の工程に進むことができず、そのまま清酒にすることを決意しました。

一般的な酒造りの行程で造られたものではありません。酒母の状態で搾られたこのお酒は、当時、不均衡なバランスの甘味と酸味を有していました。

しかし、24年の熟成を経てあらゆる要素が調和し、予想し得なかった絶妙な味わいへと変化しました。『現外』の味わいは、甘味・酸味・苦味・旨味が複雑に絡み合い、それでいながら高い調和を実現しています。

◆「ヴィンテージ」がもたらす『現外』の価値

日本酒の価値を生み出す要素は、原料となる米の種類や酵母、造り手や造られる地域などさまざまですが、私たちはそのひとつに「特別な時間を経ることによって良質に変化する価値」、つまり「ヴィンテージ」を日本酒の新たな価値として提案します。時間という有限かつ無限の要素が日本酒にもたらす奇跡には大きな可能性が秘められています。

日本酒を適切な環境下で熟成させると、化学反応によって、色味も味わいも深く濃く複雑になっていきます。熟成後のある程度の傾向は予測できるものの、その変化は未知数です。「これは熟成に向かない」と思われていたものが美酒に変化することもあれば、その逆もまた起こり得ます。時間による「熟成のマジック」がもたらす味わいは、ひとつの奇跡といっても過言ではありません。

この「ヴィンテージ」がもたらす上質な価値を『現外』は体現しています。

◆ 醸造パートナーは300年の歴史を誇る老舗酒蔵「沢の鶴」

『現外』の製造元は、兵庫県神戸市・灘の地で300年以上にわたって酒造りを続けている沢の鶴株式会社です。1995年の阪神淡路大震災では、江戸時代末期(170年以上前)に建造された木造蔵(当時は酒蔵資料館として利用)を含む木造七蔵、二十数棟がすべて全壊しました。大きな被害となりましたが、数年で再建を果たし業界大手に数えられる沢の鶴は、日本酒スタートアップであるClearと組むことにより、ヴィンテージ日本酒という価値を世の中に提案します。

◆ 予約販売を4月5日(金)より開始

『現外』は極めて特殊なヴィンテージ日本酒で、増産はできません。二度と再現することのできない商品のため、小ロットずつの数量限定販売といたします。4月5日(金)より、10本限定で予約販売を開始、本販売は5月下旬頃を予定しています。

・商品概要
商品名:現外 -gengai-
製造元:沢の鶴株式会社(兵庫県)
熟成期間:24年間
内容量:500ml
価格:150,000円(税込・送料別)
予約販売開始日:2019年4月5日(金)
予約販売本数:限定10本(発送予定時期:5月下旬頃)
予約購入方法:SAKE100のECサイト限定で販売( (リンク ») )
本販売開始予定日:5月下旬頃

◆「SAKE100」について

SAKE100は、2018年7月よりスタートした『100年誇れる1本を。』をテーマに掲げるプレミアム日本酒ブランドです。すべての商品を運営元であるClearと酒蔵でオリジナル開発し、高品質・高価格な"プレミアム日本酒"だけを販売しています。


[画像2: (リンク ») ]

「SAKE100」が目指すのは、日本酒における高価格市場の確立です。そのために、非日常のシーンで体験する嗜好品としての日本酒の魅力を、様々な価値軸で打ち出していきます。私たちは、日本酒がSAKEとして世界中で認知され、親しまれる未来を目指しています。

-----------------------------------
SAKE100|100年誇れる1本を。
(リンク »)
-----------------------------------

◆「SAKE100」の商品ランナップ

・第1弾商品:『百光 -byakko-』 "上質"を極めた、至高の1本
[画像3: (リンク ») ]

日本酒における「上質」を追求した1本です。最高峰の酒造技術をもつ楯の川酒造(山形県)と共同開発し、こだわりの有機栽培米を精米歩合18%まで磨き上げることによって、いっさいの雑味がない、なめらかでクリアな味わいと、美しく伸びていく余韻を実現しました。

商品名:百光 -byakko-
製造元:楯の川酒造(山形県)
内容量:720ml
価格:16,800円(税込・送料別)
購入方法:SAKE100のECサイト限定で販売( (リンク ») )

・第2弾商品:『深豊 -shinho-』 豊かな大地を、未来へとつなぐ純米酒
[画像4: (リンク ») ]

耕作放棄地となっていた田圃を開墾し、その土地で育てられた酒米を使用して醸した純米酒です。米の旨味を最大限に引き出すため、「生酛造り」と呼ばれる伝統的な製法を採用し、かつ、搾りたてのフレッシュさが楽しめるよう、直汲みの無濾過生原酒に仕上げました。凝縮された大地の力を感じられる1本です。

商品名:深豊 -shinho-
製造元:数馬酒造(石川県)
内容量:720ml
価格:6,800円(税込・送料別)
購入方法:SAKE100のECサイト限定で販売( (リンク ») )

・第3弾商品:『天彩 -amairo-』 累乗の悦び。至福のデザートSAKE
[画像5: (リンク ») ]

奈良県吉野の湿潤な気候がもたらす力強い発酵を生かし、美吉野醸造(奈良県)と開発した、濃密な甘みが特徴のデザートSAKEです。山廃をベースとした日本酒を"仕込み水の代わり"に用い、それを二度三度と繰り返して醸造した規格外のお酒。蜜のように濃厚でとろけるような甘み、それを際立たせる酸味と深く永く続く余韻が特徴です。

商品名:天彩 -amairo-
製造元:美吉野醸造(奈良県)
内容量:500ml
価格:7,300円(税込・送料別)
購入方法:SAKE100のECサイト限定で販売( (リンク ») )

◆ Clearについて

『日本酒の可能性に挑戦し、未知の市場を切り拓く』をミッションに、日本酒に特化した事業を展開する2013年創業のスタートアップ企業です。2014年より運営する「SAKETIMES」は国内最大規模の日本酒専門メディアで、月間読者数は約30万人となっています。
[画像6: (リンク ») ]

Clearが日本酒に特化した事業を行うのは、日本酒が人生を豊かにしてくれることをあらゆる人に知ってほしいという、シンプルな想いからです。

私たちは、日本酒が国境や文化を超えて世界中の人々に愛される世界飲料になるポテンシャルをもっていることを確信しています。長い歴史のなかで培われてきた日本酒の市場・文化に充分な理解と敬意をもって、日本酒の新しい歴史を切り拓いていく。それが、私たちClearの、日本酒スタートアップとしての使命です。

株式会社Clear: (リンク »)
SAKETIMES: (リンク »)
SAKE100: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]