「名刺からはじめるコンタクト管理SmartVisca(スマートビスカ)」が「2018年最も売れたAppExchangeアプリTOP10」においてTOP3にランクインしました

サンブリッジ 2019年04月05日

From PR TIMES

Salesforceと連携する名刺デジタル化サービスのパイオニアが中小企業部門で2位、大企業部門1位と2部門においてTOP3の快挙

Salesforceおよびマーケティングオートメーション(以下、MA)の導入支援、定着化、連携活用を支援するクラウドプロフェッショナルサービス企業の株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野裕之、以下サンブリッジ)が提供する「名刺からはじめるコンタクト管理SmartVisca(スマートビスカ)」が株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するAppExchange the Salesforce storeのサイトコンテンツ「2018年最も売れたAppExchangeアプリTOP10」においてTOP3のアプリとして紹介されました。



[画像: (リンク ») ]

同サイトにおけるランキングは、中小企業部門は従業員規模1000名未満の顧客に対して、大企業部門は従業員規模1000名以上の顧客に対して、2018年度に新規にアプリケーションを導入した顧客の件数に基づいて算出されています。

SmartViscaのランキングは以下のとおりです。
Salesforce AppExchange 中小企業部門 TOP10 -2018- (2位)
Salesforce AppExchange 大企業部門 TOP10 -2018- (1位)

「2018年最も売れたAppExchange アプリTOP10」(セールスフォース・ドットコム社サイトコンテンツ)
(リンク »)


■サンブリッジについて( (リンク ») )

サンブリッジは高度化・多様化が進む顧客のビジネス課題に対して、Salesforceに代表されるクラウドサービスを中心に、近年注目されている最新のIT技術を組み合わせてシステム構築を行う「ベスト・オブ・ブリード」というアプローチでソリューションを実現するプロフェッショナルサービス企業です。

日本における株式会社セールスフォース・ドットコム設立時からのコンサルティングパートナーとして、Salesforce導入・定着化支援を行う一方、マーケティングオートメーションを活用した業務コンサルティングやSalesforceのCRMプラットフォームやHerokuを活用した幅広いシステム開発サービスを提供しています。近年は自社アプリケーションの開発販売に力を入れており、AppExchangeアプリケーション「SmartVisca」(Salesforce一体型名刺管理サービス)「aVisca」(Salesforce一体型オンラインアンケート)の開発・提供を行っており、コンサルティングビジネスとアプリケーション開発販売ビジネスの相互の事業シナジーを図っています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]