編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

世界初、耳に入る極小スピーカー「INAIR(インエアー)」をGLOTURE.JPにて販売開始!

株式会社Gloture

From: PR TIMES

2019-04-05 10:00

イヤホン?いいえ、耳に入るスピーカーなんです。

株式会社Gloture (本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI)は アンドカラー合同会社 の「INAIR(インエアー)」を自社のECサイト(GLOTURE.JP)にて販売開始いたします。



画期的な機構を備えた「イヤースピーカー」が日本で生まれました!

音に包まれる体験にご興味のある方、また従来のカナル型イヤフォンでは耳が痛くなって苦手という方におすすめの製品となっています。

[画像1: (リンク ») ]


スピーカーを屋外で鳴らした場合は、その周囲にいる人全員に音が伝わります。 しかし、このインエアーは、周囲の人には全く音が聴こえない状態にも関わらず、自分だけが、まるでスピーカーで音を聴いているかのような音の聴こえ方がします。 音漏れせずに、非常に広い音場での再生が可能な為、室内はもちろん、移動中や屋外での使用にも向いています。音にこだわりのある音楽好きにも嬉しいハイクオリティとなっています。


[画像2: (リンク ») ]



インエアー方式イヤースピーカー「M360bt」は、最高の音響に触れてきたスピーカーエンジニアが、音質に妥協せず、最高の着け心地を追求した結果産まれた、全く新しいコンセプトのイヤーデバイス(世界最小スピーカー)です。




外耳道皮膚や骨まで音を伝えます


[画像3: (リンク ») ]


人は鼓膜だけで音を聴いているのではなく、その周囲の外耳道や皮膚、聴覚器官を覆っている骨などにも音が伝わり「広がりのある音」「深みのある音」といった繊細な音の違いを身体レベルで認知できる能力を備えています。

外耳道の皮膚表面や聴覚器官を覆っている骨にも振動を伝えることで、イヤホンサイズながら、ヘッドフォンやスピーカーに近い音響体験をもたらします。

耳内部にダイレクトに広がった音が、緻密かつ繊細、豊かで高解像度なサウンドの認知を可能にし、新感覚の聴き心地を実現します。


まるでピンマイクのような外見ですが、柔らかなスポンジ素材で包み、本体も音質を犠牲にすることなくコンパクトなサイズにすることで、耳の奥までしっかりと入って繊細な音を伝えることが出来ます。
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

従来のカナル方式とは違い、音が360度放射状に出力し外耳道の皮膚表面や聴覚器官を覆っている骨にも振動を伝えることで、イヤホンサイズながら、ヘッドフォンやスピーカーに近い音響体験をもたらします。




自分だけのプライベート音響空間、体験してみませんか?
[画像6: (リンク ») ]


スピーカーを持ち歩くというコンセプトで、どこでもプライベート音響空間を作れる「INAIR」

● ふわふわのスポンジで、ずっと装着しても耳が痛くない
● 先端のドライバーユニットが高解像度な音楽再生を実現
● 耳にすっぽり入ってしまうほど小さくシンプルなボディ
● 特許申請済 “AIR TUBE” Woofer Technology搭載
● 音漏れしづらい、全く新しい機構デザイン

ぜひ体験してみてください!



カラーラインナップ


ブラック、シルバーの二つのカラーからお選びいただけます。
[画像7: (リンク ») ]




製品仕様



[画像8: (リンク ») ]




販売サイト紹介


この度、弊社のECサイトgloture.jpにて「INAIR」 の販売を開始いたします!
詳しく知りたい方、検討して見たい方はこちらをご覧ください。

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]