[FBP Partners合同会社]データウェアハウスへのデータ同期にかかるリソースとコストの大幅な削減を可能とするデータパイプライン自動化サービス「Fivetran」の提供を開始

FBP Partners合同会社 2019年04月05日

From PR TIMES



これまで「ビッグデータ」「マーケティング」「アジャイル/スクラム」をキーワードに、製品・サービスの開発業務効率化や成長支援を行なってきたFBP Partners合同会社(東京都武蔵野市、代表社員:大水淳也、以下 FBP社)は、データウェアハウスへのデータ同期にかかるリソースとコストの大幅な削減を可能とするデータパイプライン自動化サービス「Fivetran」の提供を2019年4月15日(月)より開始します。

「Fivetran」は、Fivetran,Inc.(本社:米国 カルフォルニア州オークランド、最高経営責任者 George Fraser、以下 Fivetran) が開発・販売を行うSaaS型サービスで、日本ではFBP社が初のソリューションパートナーとなります。

[画像1: (リンク ») ]



■「Fivetran」について

「Fivetran」は、米国Fivetran, Inc.が提供する、メンテナンス不要のデータパイプラインの自動化サービスで、世界数カ国、550社以上の企業で導入されています。

■FivetranとELTプロセスがコスト効率を向上

Fivetranが提供する100を超えるコネクタを介して、Adobe AnalyticsやSalesforceなどのアプリケーション、ORACLEやPostgreSQLなどのデータベース、Webhooksなどを利用したイベント、CSVなどのファイルから得たデータを、Google BigQuery、Amazon Redshift、Snowflakeなどのクラウドデータウェアハウスを使用して集中管理できます。
[画像2: (リンク ») ]



Fivetranの初期設定は最短で5分、最長でも60分程度で完了し、データソースで何かしら変更・更新された際には自動的に検知し、データウェアハウス内のデータを修正・同期します。通常これらの処理を実現するためにはエンジニアが大量のコードを書き、データが変更・更新されるたびに継続的なメンテナンスが求められますが、Fivetranを導入することでメンテナンスの必要がなくなるため、データ分析チームはエンジニアリングやコストの心配をせずに分析に集中できます。


従来、データパイプラインのプロセスは、データの抽出(extracting)、変換(transforming)、およびデータウェアハウスへのロード(loading)という手順で構成されていましたが、Fivetranでは、変換とロードの順番を変えたELTプロセスをサポートしています。Google BigQuery、Amazon Redshift、Snowflakeなどのサービスの普及により、データウェアハウスのコストが大幅に削減されたため、ストレージの容量を常に配慮する必要がなくなり、ELTプロセスを取り入れることで、絶え間なく変化するデータ環境に適応するためのデータパイプラインを最適化できます。


[画像3: (リンク ») ]



FBP社では、2018年8月よりビジネスインテリジェンスの機能を備えたデータプラットフォーム「Looker」をメインソリューションとして販売・導入支援をしています。LookerとFivetranを組み合わせて、データソースへのリアルタイムアクセスを可能にし、データソースで行われた変更をタイムリーにキャッチすることにより、経営者やデータアナリストは、現在の企業の状況を迅速に把握できます。


[画像4: (リンク ») ]

すでにデータウェアハウスやBIツールを導入していて、データパイプラインの自動化をご希望のお客様にはFivetranを単独でご提供し、これからデータ分析基盤を作っていきたいというお客様向けには、データウェアハウスの構築、FivetranとLookerをセットにした形での販売と導入支援など、お客様の状況やご要望に合うご提案を行ってまいります。

■Fivetran, Inc. 最高執行責任者 Taylor Brownより日本の企業の皆様へ

私たちはFBP Partnersと協力できる事を光栄に思います。そして、日本の企業の皆様に高品質なデータ基盤を構築するご支援をさせていただけることをとても嬉しく思います。

■FBP Partners合同会社について

会社名 : FBP Partners合同会社
URL : (リンク »)
Fivetran紹介サイト: (リンク »)
代表者 : 最高経営責任者 大水 淳也
所在地 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-26-4 2F
事業内容 :BI/データプラットフォーム「 Looker」の販売・導入サポート、ELT/データパイプライン自動化サービス「Fivetran」の販売・導入サポート、サービスやプロダクト開発における上流工程のご支援、事業戦略・メーケティング支援

■Fivetran, Inc.について

会社名 : Fivetran, Inc.
URL : (リンク »)
代表者 : 最高経営責任者 George Fraser
所在地 :405 14th St Floor 11 Oakland, CA 94612
事業内容 :ELT/データパイプライン自動化サービス「Fivetran」の開発、販売

■本件に関するお問い合わせ先

FBP Partners合同会社 広報担当: 大水
メールアドレス:contact@fbpp.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]