南紀白浜「IoTおもてなしサービス実証」にアドベンチャーワールドが参加

アドベンチャーワールド 2019年04月08日

From PR TIMES

~顔情報を用いた、キャッシュレス決済によるファスト入園を実現~



[画像1: (リンク ») ]


2019年1月14日から、株式会社南紀白浜エアポートなどとともに南紀白浜で行っている顔認証を活用した「IoTおもてなしサービス実証」に、新たな施設として、アドベンチャーワールドが2019年4月19日から参加します。「IoTおもてなしサービス実証」で登録した顔情報やクレジットカード情報を用い、アドベンチャーワールドにおいて、チケット売り場に並ばずに、専用の入口でのファスト入園とキャッシュレス決済によるチケット購入を行います。

アドベンチャーワールドの参加により、白浜を訪れるお客様の旅行動線での「IoTおもてなし顔認証サービス」が更に充実することになり、白浜での滞在を、より楽しく、より快適にお過ごしいただけることになります。

NECは、AIやIoTを活用した本実証を通じ、観光客やビジネス客の利便性を向上させ、南紀白浜エリアでのおもてなしサービスによる地域経済の発展を支援します。

[画像2: (リンク ») ]


南紀白浜空港ターミナルビル
・顔情報、クレジット情報の登録
・利用者プロファイルに基づく観光案内、サイネージ広告の表示
・保安エリアへの逆流防止のための分析

SHIRAHAMA KEY TERRACE
HOTEL SEAMORE
・ホテルの出迎え
・客室の解錠
・顧客プロファイルに基づく観光案内、サイネージ広告の表示

フィッシャーマンズ・ワーフ白浜
・ショッピングでの決済

いけす円座(いけすわろうだ)/すし八咫(すしやた)
・飲食店での決済

アドベンチャーワールド
・利用者プロファイルに基づくファスト入園
・チケット購入時における決済
※今回(4月19日から)、新たに実証に参加する施設

【本実証の内容】
まず初めに、自宅スマートフォンのWebブラウザまたは和歌山県・南紀白浜空港の到着階にあるQRコードから、顔情報とクレジットカード情報などを登録します。登録完了後は、ホテルや商業施設、テーマパークなどに設置されたカメラから顔情報を検出し、登録された個人を特定することで、各種出迎え業務や、ホテルの客室の解錠、テーマパークでのファスト入園やチケット購入時の決済、さらに商業施設でのショッピングや飲食店利用時の決済などが自動で行えるなど、利便性を高めることによる観光客の満足度向上を目指します。
また、マーケティング分析(「属性推定実験(性別/年齢層)」や「移動経路分析実験」)も実施し、各施設での効果的なキャンペーンやデジタルサイネージ広告に利用します。なお、実証期間中は、おもてなし機能や安全・保安機能を順次強化する予定です。

【本実証の利用方法ついて】
(リンク »)
【実証で使用するカメラ映像データの取扱いについて】
(リンク »)
尚、本実証は弊社wisdom WEBサイトでもご紹介しています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]