デンソーウェーブ初 東京都内に「東京FAセンター」を開設

デンソーウェーブ 2019年04月08日

From PR TIMES

~ スクール用ロボットを増設し参加者数増に対応。ロボット検証テスト実施日程も増加 ~



[画像1: (リンク ») ]

株式会社デンソーウェーブ (本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦) は、このたび、「ロボットスクール」や「検証テスト」を行う東日本FAセンター(神奈川県横浜市)を、東京都江東区に移転し、4月8日(月)から名称を「東京FAセンター」として開設します。FAセンターは全国に7拠点ありますが、東京都内に開設するのはデンソーウェーブとして初めてです。

東京FAセンターは、東日本FAセンターに比べ、スクール用ロボットを6台から9台に増設しています。さらに、従来「ロボットスクール」を実施するエリアと、ロボット導入前にお客様の工程に合わせた自動化を検証する「検証テスト」エリアは同一スペースでしたが、お客様の秘匿性と利便性の向上を狙い、個別に実施できるようエリアを分けて設置します。ロボットスクールや、検証テストの実施日を増やし、お客様が日程を選択しやすい環境を整えています。
また、最寄り駅であるゆりかもめ「テレコムセンター駅」は、東京駅から約30分と電車でアクセスしやすい場所に位置しています。

FAセンターは、デンソーロボットの基本操作から実践的な使い方までを講習する「ロボットスクール」や、お客様の工程に合わせた自動化を検証する「テストブース」などを備えるロボット施設です。
デンソーウェーブのロボットスクールは、約40年に渡りデンソー社内で行ってきた教育実績をもとにしており、そこで得たノウハウを教材とカリキュラムに反映しています。デンソーロボットの操作方法を習得する「基本コース」の他、点検・修理技術習得のための「保全コース」、お客様に合わせたカリキュラムの組み立てが可能な「オンデマンドコース」などを用意しています。さらに昨年からは、スクール受講者にロボットに触れてもらう時間を増やし、より充実したスクールにしてもらうため、受講者1名につき1台、ロボットを使えるように環境を整備しています。結果、2018年度のロボットスクール参加人数は前年度比118%となり、今後もさらなる受講者数増加に対応するとともに、受講者の参加満足度を向上する活動を続けています。

デンソーウェーブは、産業用ロボットの導入前から導入後までをトータルにサポートすることで、お客様がロボットを導入しやすい環境をつくり、社会の自動化に貢献します。

※東京FAセンターにおけるロボット検証テストは、2019年5月以降実施予定です。

<参考資料>
■ 東京FAセンター

名称: 東京FAセンター
場所:東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル 10階
りんかい線「東京テレポート駅」無料循環バスで5分
ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩2分
延床面積: 191.6平方メートル
研修ロボット台数: 9台
特設サイト: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]