編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

凸版印刷、取説・保証書をスマホで簡単管理

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2019-04-09 10:03

紛失しがちな取扱説明書や保証書をPCやスマートフォンで一元管理、メンテナンス時期やリコール情報等を受け取れる新サービス「IEMANE(TM)」の提供を開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、家電や住宅設備をPCやスマートフォン上で管理できるWebサービス「IEMANE(TM)(イエマネ)」のβ版を2019年4月9日より提供開始します。
 ユーザーは所有している家電・住宅設備を「IEMANE」に登録することで、取扱説明書や保証書をデジタルで一元管理できます。取扱説明書などの「保管が面倒」「いざというときに手元にない」といった悩みを解決。故障時には「IEMANE」経由での問い合わせも可能で、メンテナンス時期を通知する機能も搭載しています。また、家電メーカーや量販店と連携しておすすめ製品の提案など、お得で役立つ情報の配信も予定しています。
 これにより、ユーザーは所有している家電・住宅設備に関する情報を、簡単に管理・収集することが可能になります。



[動画: (リンク ») ]




[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■開発の背景
 経済産業省は、住宅設備や家電等の経年劣化による発火やケガ等の事故を未然に防ぐべく、特定保守製品(※1)に対しては標準使用期間を超えて使用する場合、点検を義務化する「長期使用製品安全点検・表示制度」を2009年4月1日より制定しました。今年は当制度の制定から10年目を迎え、各業界団体・メーカー等の関心が高まっている中、凸版印刷の調査(※2)では、8割の消費者が特定の家電には標準使用期間が設定されていることを知らず、また、各メーカーが運営する愛用者サイトに1社も登録していない消費者が全体の6割を占める等、消費者の「家電・住宅設備の管理」に対しての意識はあまり高いとは言えない実態が明らかになりました。

[画像3: (リンク ») ]



 このような背景の中、「IEMANE」は、メーカーや業界単位の取り組みでは解決できないメーカー横断型愛用者登録サービスを目指して、ユーザーが手軽で安全に家電・住宅設備を使用できるサービスとして誕生しました。

■「IEMANE」の特長
・持っている家電・住宅設備を簡単に登録可能
 製品のバーコード・QRコードの読み取りや品番の検索で、簡単に登録が可能。取扱説明書や製品情報は自動で登録されるので、ユーザーは手軽にサービスを使用できます。また、登録した家電・住宅設備の情報を家族で共有可能で「家に何の家電・住宅設備があったか」を「IEMANE」上で、家族に伝えることができます。
※製品の種類によってはバーコード・QRコードによる読み取り検索ができない場合があります。

・簡単に製品への問い合わせが可能
 「IEMANE」上で、簡単に故障時等の問い合わせが可能です。いざというときにスムーズに問い合わせができます。

・メンテナンス時期を自動でお知らせ(2019年6月提供開始予定)
 登録した製品のメンテナンス時期・方法を自動でお知らせします。製品の保証期間や標準使用期間の終了もお知らせするため、買い替え時期の目安もわかります。万が一、製品がリコール対象になった場合もお知らせが届くので、安全に家電・住宅設備を使用し続けることができます。

・ユーザーの所有状況に合わせた最適な情報配信が可能(2019年6月提供開始予定)
 家電・住宅設備メーカーはユーザーに対して、所有製品に応じた情報配信ができます。「同じ冷蔵庫を10年以上使用しているユーザー」といった所有状況によるセグメント配信が可能で、所有傾向の分析に基づいた情報発信ができます。

・光熱費シミュレーション機能(2019年12月提供予定)
 USB接続やBluetooth接続の機能付きのワットチェッカー等の機器と「IEMANE」を連携することで、所有している家電・住宅設備の消費電力の見える化が可能になります。

・Shufoo!との連携で商圏内にある家電量販店のお得な情報を配信(2019年12月提供予定)
 凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(本社:東京都港区、代表取締役社長:早川礼)(※3)が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)(※4)」と連携し、自宅近隣の家電量販店のお得な情報を配信予定。「IEMANE」ユーザーは自宅の郵便番号を登録することで、行動圏内の店舗に絞り込んだ情報を受け取ることができます。

[画像4: (リンク ») ]

■今後の展開
 「IEMANE」サービスを一般消費者に向けて提供を開始し、サービスのブラッシュアップを行います。同時に、情報分析・発信機能を追加し、家電メーカーや賃貸住宅管理会社への情報発信サービスも順次開始し、2025年までに会員登録者数50万人、関連受注含め20億円の売上を目指します。

■「IEMANE」概要
・サービス名:「IEMANE」
・価格:基本使用料無料(メーカーが情報発信を行う場合は、別途費用が発生する予定)
・サービス開始日:2019年4月9日(火)
・利用環境:PC、スマートフォン、タブレット各端末
・対応環境:Windows10、macOS 10.14、iOS12、Android8.0
・URL: (リンク »)
※2019年5月にスマートフォン向けアプリ(iOS/Android)版をリリース予定

※1 特定保守製品
 所有者自身による保守が難しい設置型の製品で、経年劣化によって火災や死亡事故などの重大事故を起こすおそれがある製品(石油給湯器、石油ふろがま、FF式石油温風暖房機、浴室用電気乾燥機、ビルトイン式電気食器洗器、屋内式ガス瞬間湯沸器、屋内式ガスふろがま)

※2 凸版印刷の独自調査
【調査概要】
生活に関するアンケート調査
調査エリア: 全国
調査対象者:30~50代の男女
サンプル数: 合計有効回答サンプル数 826名
調査期間: 2019年4月5日~6日
調査方法: インターネットリサーチ
* 本ニュースリリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、以下のクレジットを必ず明記してください。
クレジット:「凸版印刷株式会社 調べ」

※3 株式会社ONE COMPATH
 地図検索サービス「Mapion」、電子チラシサービス「Shufoo!」などデジタルメディアの運営を中心に事業展開する凸版印刷株式会社のグループ会社で、2019年4月1日に株式会社マピオンから社名変更し、それまで凸版印刷が運営していた「Shufoo!」等の事業を承継。「Mapion」「Shufoo!」のほか、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」、位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」、コミュニケーションアプリ「ふたりの」等を運営しています。
(リンク »)

※4 「Shufoo!」
 2001年8月より凸版印刷株式会社が運営を開始し、2019年4月1日より凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATHが運営している、20~40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約4,000法人、約110,000店舗が参加。PV数は月間4億PV、ユニークユーザー数は月間1,100万(2018年12月現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、スマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC  (リンク »)
・携帯  (リンク »)
・iPhone  (リンク »)
・iPad  (リンク »)
・Android  (リンク »)

* 「IEMANE」は、凸版印刷株式会社が商標登録出願中です。
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]