編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを埼玉県教育委員会が導入。3カ年計画で県立高校139校のICT基盤を整備へ。

株式会社フルノシステムズ

From: PR TIMES

2019-04-09 10:00

「G Suite for Education」「Chromebook」などのICTを活用した授業を支えるWi-Fi環境を構築。『協調学習』におけるICT活用を推進し、生徒たちの主体的な学びを支援。

 株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、古野電気(株)関連会社)は、このたび埼玉県の県立高等学校のICT基盤整備において、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」を採用いただきました。
 埼玉県教育委員会では、2018年度より県内全ての県立高校を対象とする本格的なICT基盤整備に着手しています。2020年度までの3カ年で、139校にタブレット端末とプロジェクタ、アクセスポイントを導入する予定です。2018年度には、35校で合計525台のACERA 1110を導入いただきました。
 埼玉県ではアクティブ・ラーニングの一種である『協調学習』を取り入れた「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に取り組んでおり、ICT活用によって生徒たちの自主性を育む教育環境の創出を推進していく方針です。



■ 「G Suite for Education」「 Chromebook」などのICTを活用した授業を県立高校139校で実施

 埼玉県では、県内全ての県立高校139校にタブレット端末、プロジェクタ、アクセスポイントを整備してICTを活用した授業の基盤整備を進めています。タブレット端末は各校に44台、プロジェクタは全ての普通教室に設置します。それらを稼働するためのWi-Fi環境を担うアクセスポイントは、各校に15台程度設置する計画です。普通教室の廊下に取り付けられ、1台で2教室をカバーします。

 授業では、タブレット端末「Chromebook」、共同作業用ツール「G Suite for Education」、教員・生徒間のやりとりを効率化するアプリケーション「Google Classroom」が用いられます。生徒たちの相互の知識共有などに役立てられ、受け身ではない主体性を持った授業スタイルを創出することが目的です。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



■県内10校が対象の実証実験でICT教育の効果を検証。3カ年で139校にICT基盤を本格整備へ。

 埼玉県教育委員会では、2016年度に協調学習をICT活用の面から支えるプロジェクト『近未来学校教育創造プロジェクト』を始動しました。モデル校に選定した県立高校10校に、先行してタブレット端末やアクセスポイントを整備し、ICTを活用した授業の効果を検証しました。約2年間の検証期間を経て、2018年度から埼玉県内の全ての高校を対象に、ICT基盤整備を始めました。2020年度までに全ての高校139校のICT基盤を整える計画です。

 フルノシステムズのアクセスポイントは、2年間の検証期間でモデル校10校のICTを活用した授業におけるWi-Fi環境を支えました。1クラス40人以上が同時接続するタブレット端末の円滑な動作や、アクセスポイントが故障せずに稼働し続けたことが評価され、2018年度に県立高校35校に設置された525台のアクセスポイントに、「ACERA 1110」が採用されました。

[画像4: (リンク ») ]



【埼玉県教育委員会について】
 埼玉県では、2010年度から東京大学CoREFと連携し『学びの改革』に向けた取り組みを開始しました。『協調学習』の一つで東京大学CoREFが提唱する『知識構成型ジグソー法』という学びの型を取り入れ、先生方が学校・教科の枠を跳び越えて学び合いの活動を探求し、授業の改善に取り組んできました。
 2016年度には『近未来学校創造プロジェクトを』を始動し、モデル校に選んだ県立高校10校で先行してICTを活用した授業を導入・実施し、効果を検証しました。2018年度から2020年度にかけて、全ての県立高校を対象にICT基盤整備を計画し、ICTを活用し生徒たちの「主体的・対話的で深い学び」の教育効果を高めていくことを目指しています。

■ホームページ  (リンク »)


※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


【フルノシステムズについて】
 フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現します。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』および無線LANアクセスポイント『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています。

■ホームページ  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]