食品ラベル印刷時の安全性を保証。デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」、カラーラベルプリンター「ColorWorksシリーズ」のインクが、欧州食品接触材規則(欧州FCM)に適合

エプソン販売株式会社 2019年04月09日

From PR TIMES

 エプソンは、この度デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」およびカラーラベルプリンター「ColorWorksシリーズ」のインクが、世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」(通称:欧州FCM)に適合※1しましたのでお知らせします。
 「SurePressシリーズ」および「ColorWorksシリーズ」は、食品パッケージラベルや飲料ラベル印刷をはじめ、幅広い用途でご利用いただいています。
※1:食材非接触面に印刷した場合のみ



 


[画像1: (リンク ») ]

 近年、食品をはじめ人体に影響する食品包装関連材料への化学的および生物的安全保障要求が、世界的に高まっ

[画像2: (リンク ») ]

てきています。エプソンにおいても、インクの食品安全性についての問い合わせが増えてきています。  
このような背景の中、お客様に安心してご使用いただくために、「SurePressシリーズ」、「ColorWorksシリーズ」のインクにおいて、グローバルで採用されている「欧州FCM」に適合しました。

 対象のインクは、「欧州FCM」の以下3つの適合必須要件を満たしています。
1.インク構成物質の非毒安全性
 対象インクは、スイス条令「Swiss Ordinance(RS 817.023.21 Annex10)」等の安全物質リストに記載されている物質を使用しています。
2.インク製造工程の衛生安全性
 インク製造全工程では、食品衛生法による食品レベルの細菌検査規格(一般細菌生菌数100個/g以下)を適用した衛生的な製造工程で生産しています。そのために適正な手順としてGMP「Good Manufacturing Practice(2023/2006/EC)」※2衛生管理体系を実現しました。
※2:化学的物理的異物混入防止と、細菌類等の衛生管理を徹底した適正製造規範。
3.非移行試験証明
 対象インクが、PIM規制「Plastic Implementation Measure(EU No.10/2011)」※3に基づき、基材経由で食品側に移行しないことを評価※4しています。
※3:食材毎の溶液・温度・保存期間の条件下で、包装フィルム基材から移行する物質重量パーセントの限界値を規定
する規制。
※4:当社条件下による(PIM規制で定義された試験条件のうち代表的なもの)

<欧州FCM適合インク対象機種>
 ・SurePressシリーズ:L-4033A/AS/AW, L-4533A/AW, L-6034VW
 ・ColorWorksシリーズ:TM-C3500, TM-C7500, TM-C7500G

(注)「SurePressシリーズ」および「ColorWorksシリーズ」のインクは直接食品に触れる用途を想定していません。完成品についての安全適合性判断は、お客様の梱包形態に基づいているため、最終製造者の責任となります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]