フィリップス、新一般X 線撮影装置「DigitalDiagnost C90」を発売迅速なワークフローと確信ある画像診断を支援する一般X 線撮影装置

株式会社フィリップス・ジャパン 2019年04月10日

From PR TIMES



株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は「2030 年までに30 億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

このたびフィリップスは、以下の通りDigitalDiagnost C90の販売を開始いたします。DigitalDiagnost C90は、世界で9,000台以上の納入実績を誇るフィリップスの一般X線撮影装置DigitalDiagnost シリーズの最上位機種で、業界初のライブカメラを搭載した天井走行式X線管支持装置Eleva Tube Headをはじめとする革新的なツールの数々が、医療従事者の迅速なワークフローを実現することで、患者にとって辛い体勢維持の時間や検査の待ち時間を短縮させます。また、一新されたフィリップスのマルチ周波数処理UNIQUE2と、胸部単純X線撮影画像から骨陰影を除去するBone Suppression(※1)など、確信ある画像診断を支援する多彩なアプリケーションも搭載可能です。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


天井走行式X線管支持装置Eleva Tube Headには、12インチのタッチパネルスクリーンが搭載されており、患者の確認、検査パラメータの変更、撮影画像のレビューなど、従来は検査室の外で行っていた操作を患者の近くで対応することができます。検査中の医療従事者の移動を減らすことで、1検査あたりの検査時間を17%以上短縮(※3)しながら、患者の安全にも配慮した検査を行うことができます。また、Eleva Tube Head最大の特徴でもあるライブカメラでは、照射方向からみたライブ映像によって的確なポジショニングやX線照射野調整を行うことが可能です。また、このライブ映像は操作室のコンソール画面上でも見ることができるため、照射する直前の患者の様子を確認するなど、患者の不意の動き等による再撮影のリスクも低減します。DigitalDiagnost C90には他にも、Eleva Tube Headの最大5軸の電動回転機構を備えたオートポジション機能や、グリッドレス撮影を可能とするSKyFlow Plusなど、医療従事者の業務負担を軽減する様々なソリューションツールも搭載することができます。医療従事者の迅速なワークフローを追求することで、患者にとって辛い体勢維持の時間や検査の待ち時間を短縮させる、患者と医療従事者を中心に考えた一般X線撮影装置が誕生しました。

一般撮影は多くの場合、画像診断の第1歩目となりえる重要な検査です。DigitalDiagonst C90では、ノイズ低減処理や微細部の強調処理が強化されたマルチ周波数処理UNIQUE2と、胸部単純X線画像から骨陰影を除去するアプリケーションBone Suppression(※1)により、肺結節の検出率を16.8%改善(※2)させるなど、読影医のより確信ある診断をサポートします。Bone Suppression(※1)は2Kの高精細コンソールEleva workspot内に搭載できるため、追加撮影や追加機材は一切不要です。患者の被ばく線量や医療従事者の業務負担を増やすことなく、通常の臨床画像と骨減弱画像の2枚の画像をPACSに送信することができます。

世界で9,000台以上の納入実績を誇るDigitalDiagnostシリーズは、その膨大なフィードバックを基に設計された一般X線撮影装置でもあります。立位撮影も臥位撮影も1台で対応するフレキシブルな撮影台など、限られた検査室空間でも幅広い検査目的に対応できるルームレイアウトや、複数の部屋で可搬型平面検出器をシェアリングする機能など、目的や予算に応じて長期的な運用を見据えた多彩なカスタマイズが可能です。また、2K高精細コンソールEleva workspotは、患者登録、撮影パラメータの変更、画質調整、画像転送など検査に必要な機能を、たった1台のコンソールに集約したシンプルなコンソールです。手袋使用時にも対応可能な高精細タッチパネルスクリーンでは、各種機能がイラスト表示されたり、その配置をカスタマイズできたりと、直感的な操作で容易に検査を進めることができます。Eleva Tube Headを含むこのDigitalDiagonst C90の革新的な設計デザインは、権威あるiF Design Awards 2019を受賞致しました。

※1:Riverain Technologies’ ClearRead Bone Suppression
※2: Freedman M, Lo B, Seibel J, and Bromley E. Improved detection of lung nodules with novel software that suppresses the rib and clavicle shadows on chest radiographs. Radiology. July 2011. 260, 265-273
※3:同社の前機種を使用した検査(1検査あたり平均4枚の画像取得に基づく。フィリップス開発環境下での検証)比較

フィリップスについて
1891年オランダで創業し、ビジネスモデル変革と長い歴史の中で培った技術と知見を生かしながら、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」においてイノベーションを実現してきたヘルスケア・カンパニーです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2019年4月1日よりフィリップス・レスピロニクス合同会社と統合し、ヘルステックカンパニーとして、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいます。今後、「病院」というプロフェッショナルな分野におけるフィリップスの先進医療機器と、パーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がり、デジタルプラットフォーム上でビッグデータが解析されることで、総合的な医療、リアルタイム分析、付加価値サービスが可能になります。これにより、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供し、医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指しています。( (リンク ») )

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2018年の売上高は181億ユーロ、オランダを拠点に全世界に77,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]