道後温泉×ネイキッド、 手塚治虫『火の鳥』テーマのマッピングショー

株式会社ネイキッド 2019年04月10日

From PR TIMES

重要文化財 道後温泉本館で、GW初日4/27スタート

株式会社ネイキッド(東京都渋谷区、代表 村松亮太郎)は、道後温泉本館(所在地:愛媛県松山市)で2019年4月27日(土)から重要文化財である道後温泉本館の保存修理工事を機に発足した『道後REBORNプロジェクト』で日本を代表する漫画家、手塚治虫氏がライフワークとして描き続けた『火の鳥』をテーマにしたプロジェクションマッピングショーを実施します。



[画像1: (リンク ») ]



2019年1月よりスタートした、道後温泉本館保存修理工事を活用するPR事業『道後REBORNプロジェクト』のメインコンテンツとして、ネイキッドが企画・演出を務める『道後温泉×ネイキッド MESSAGE -火の鳥、到来-』を実施いたします。

道後温泉本館二の湯入口の上で、訪れる人々を迎える火の鳥のオブジェを中心に、道後温泉にまつわる歴史絵巻の音と光のプロジェクションマッピングショーを展開。明治の改築から本日4月10日、125年を迎える道後温泉本館を舞台に、遠い過去から遥か未来までを行き来する「火の鳥」をテーマにした新たなオリジナルアニメーション作品「火の鳥”道後温泉編”」と連動したストーリーを展開します。(アニメーション「火の鳥”道後温泉編”」:同プロジェクトで手塚プロダクションが作成)

さらにコンセプトである「進化」の象徴として、古事記にも登場し近年では手塚治虫氏が自身の作品で新しい表現を生み出すなど、時代合わせて進化を続けた擬音表現『オノマトペ』を演出に取り入れ、新たなプロジェクションマッピングでの表現を生み出します。

<開催概要>

[画像2: (リンク ») ]


イベント:道後温泉×ネイキッド MESSAGE-火の鳥、到来-
開催時間:19時~21時30分
場所:道後温泉本館
料金:無料
主催:愛媛県 松山市
企画・演出:NAKED Inc.(ディレクター:西村祥、テクニカルディレクター:柴田拓也)
制作:PONY CANYON
音楽:野見祐二

<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について> 

[画像3: (リンク ») ]


1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算250万人以上を動員している。

・NAKED Inc.公式サイト: (リンク »)
・NAKED Inc. Twitterアカウント:@NAKED_STAFF
・NAKED Inc. Instagramアカウント:@naked_inc
・村松亮太郎 公式Facebookページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]