編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドウェイズ、マンガアプリや電子コミックサービス運営企業に向け、独自技術を組み合わせた広告ソリューションを提供

株式会社アドウェイズ

From: PR TIMES

2019-04-10 10:10

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、アドウェイズ独自の動画制作手法「電子コミックロジック動画」と、動画広告を分析する「STROBELIGHTS 4G VIDEO ANALYZER(ストロボライツ4Gビデオアナライザー)」を組み合わせ、マンガアプリや電子コミックサービスの運営企業様に向けて「電子コミック広告ソリューション」を提供いたします。



[画像1: (リンク ») ]


電子コミック広告は、過激な表現や非道徳な表現などファーストインプレッションのインパクトのみを重視したクリエイティブが多く存在し、そういった手法は誘導後のユーザーのサービス利用率も低くなる傾向にあり、大きな課題となっていました。

この課題に対して、アドウェイズでは電子コミック広告のクリエイティブ専門チームを作り、長期間に渡り研究を重ねており、特に動画広告の検証に注力してまいりました。

静止画によるバナー広告などと比較して、動画広告ではコンテンツの魅力をストーリーで伝えることが可能なため、電子コミックサービスとの相性が非常に良く、広告効果も良好な結果となっています。
反面、動画広告は構成要素が多く、広告媒体ごとの配信ロジックに対し最適化させるのは、以前よりも難しくなっています。


アドウェイズでは、電子コミック広告のクリエイティブ専門チームによる分析、検証を繰り返すことで、広告メディアごとの配信ロジックを正しく理解した当社独自の動画制作手法「電子コミックロジック動画」を確立し、今まで効果が出難かったスポーツやバトル、ファンタジーなど王道系ジャンルの広告クリエイティブでも良効果を出せるようになりました。

[画像2: (リンク ») ]

さらに、その手法で制作したクリエイティブを、当社の動画広告分析システム「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」を利用し、秒単位視聴率から多角的に分析、視聴率に影響を及ぼしたシーンの改善を行っていくことで、「電子コミックロジック動画」の効果改善を効率的に行っていくことが可能となります。

[画像3: (リンク ») ]

アドウェイズでは、マンガアプリや電子コミックサービスの運営企業様に向けて、この2つの独自技術を組み合わせた「電子コミック広告ソリューション」を提供し、電子コミックの市場拡大に貢献していきたいと思います。

本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社アドウェイズ 電子コミック担当事業部
連絡先:manga_sales@adways.net

※「STROBELIGHTS 4G VIDEO ANALYZER(ストロボライツ4Gビデオアナライザー)」とは
1秒ごとの視聴率推移分析を用いて、複数の動画を比較し、構成要素、訴求内容、シーン毎の効果を多角的に研究分析できるアドウェイズ独自のシステム。

※本サービスは、アドウェイズへ広告運用を委託されている企業様に提供いたします。

【STROBELIGHTSについて】
有力アドプラットフォームの運用型広告に対応した総合管理システム。広告の効率的な運用を可能にするとともに、プラットフォーム毎にビッグデータやAIを利用したエクステンション機能を搭載し、人の手で運用するだけでは達成できない高次元な広告効果を実現することが可能。

□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]