サンクトガーレン、泡からゲップにまでオレンジ弾けるフルーツビール「湘南ゴールド」を4月14日から春夏限定発売。平成生まれの神奈川オリジナル柑橘を丸ごと使用。

サンクトガーレン有限会社 2019年04月10日

From PR TIMES

オレンジデーの4月14日に発売



サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は2019年4月14日(日)のオレンジデー(※)に神奈川産オレンジ「湘南ゴールド」を使ったフルーツビール『湘南ゴールド』を9月末までの春夏限定で販売します。 
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]



湘南ゴールドは神奈川県が12年の月日をかけて育成したオリジナル柑橘で、平成15年(2003年)に品種登録されました。見た目はレモンのような黄色ですが、食べると甘いオレンジというギャップがあり、他の柑橘を圧倒する華やかな香りをもちます。


[画像2: (リンク ») ]


平成8年に品種登録された「はるか」、平成13年に品種登録された「せとか」とともに、平成生まれの次世代柑橘として注目を集めています。
サンクトガーレンではそんな湘南ゴールドの規格外サイズ品などを有効活用しています。

[画像3: (リンク ») ]


果実はビール職人が自ら切って、皮も果汁も捨てる部分なく果実を丸ごと使用しています。そのため、グラスに注いだときの香り、口に含んだときに鼻に抜ける香り、そして飲んだ後のゲップにまで、とことんオレンジの風味が弾けるビールになっています。

[画像4: (リンク ») ]


湘南ゴールドビールは果実が少しずつ神奈川県内に出回るようになった2007年、代表の岩本がその香りに惚れ込んで試作を開始。2008年より春夏限定で製造しています。
今では大手製菓会社や、大手製パン会社でも湘南ゴールドの加工品がつくられていますが、加工品第1号はこのビールです。

[画像5: (リンク ») ]

2009年からはJリーグ湘南ベルマーレの「ベルマーレビール」として採用され、ホーム戦時の名物グルメとなっています。
(リンク »)

[画像6: (リンク ») ]

「インターナショナル・ビアカップ」のフルーツビール部門では発売初年より10年連続入賞。2011年には英国の「ワールド・ビア・アワード」フレーバーエール部門でアジアベストを受賞。2012年にはアジア最大級のクラフトビールの祭典「ビアフェス横浜」にて神奈川県知事賞を受賞。2016年3月には日本外国特派員協会主催「第2回世界に伝えたい日本のクラフトビール」8選に選出されました。

[画像7: (リンク ») ]


※4月14日はオレンジデー
2月14日は女性が男性に告白するバレンタインデー、3月14日は男性が女性にお返しするホワイトデー。4月14日は、それに続き2人が互いに愛を確かめあう“第三の愛の日”として日本記念日協会に登録されています。
オレンジはたくさんの実がなるため「繁栄」「多産」のシンボルとされ、「花嫁の喜び」という花言葉を持ちます。それが愛の記念日にふさわしいとして制定されました。湘南ゴールドは毎年このオレンジデーが発売日です。


[動画: (リンク ») ]




商品概要


[画像8: (リンク ») ]

商品名:湘南ゴールド(発泡酒)
※日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められています。このビールには麦芽量30%の果物を贅沢に使用しているため、ビールと表記が出来ず"発泡酒"となっています。麦芽率は高いので実際の税率はビールと同じです。

販売期間:2019年4月14日(日)~ 9月末 <春夏限定>

アルコール:5%

内容量:330ml

希望小売価格:460円(税別)

<ボトル販売場所>
当社オンラインショップ、京王百貨店新宿店、小田急ハルク、横浜タカシマヤ、京急百貨店、伊勢丹相模原店、そごう川口店、イオンリカー一部店舗ほか

<樽生提供店(一例)>
サンクトガーレン取扱いビアバーでは樽生で楽しむことが出来ます。リストは随時公式サイトで更新します。

●THE GRIFFON 渋谷店(グリフォン)
(リンク »)
東京都渋谷区渋谷2-22-6 幸和ビルB1F

●THE GRIFFON 新宿店(グリフォン)
(リンク »)
東京都新宿区歌舞伎町1-2-1 ナインティー新宿ビルB2F

●THE GREAT BURGER(グレイトバーガー)
(リンク »)
東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F

●vivo! BEER+DINING BAR(ビーボ)
(リンク »)
東京都豊島区東池袋1-20-5 七富久ビルB1F

●クラフトビアマーケット神田店
(リンク »)
東京都千代田区鍛冶町1-7-5 MISU BLDS KANDA 1F

●JINGLE BEER&DINING(ジングル)
(リンク »)
神奈川県横浜市西区南幸2-12-5ニッセイ第五ビルB1F

●Bakery & Beer Butchers(ブッチャーズ)
(リンク »)
神奈川県厚木市中町2丁目7-16 内田ビル1階



サンクトガーレンについて


[画像9: (リンク ») ]

(リンク »)

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、クラフトビール(地ビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売し、クラフトビールの魅力を広く発信しています。

その一貫でフルーツビールにも力を入れており、湘南ゴールドオレンジの他にリンゴやイチジク、桃などを使ったフルーツビールを製造しています。香料などに頼らず果物本来の香りや味わいを引き出すため、果物はたっぷり贅沢に使います。そのため、通常より安く仕入れられる"はねだし(規格外)"果物でなければ採算が合いません。はねだし果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れてハッピー、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係です。

Twitter  : (リンク »)
Facebook : (リンク »)
Instagram : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]