地球を2周分歩いた男、吉田正仁・著『リヤカー引いてアフリカ縦断』4月17日発売。GWに故郷・鳥取でリヤカー行脚&サイン会・講演会も!!

株式会社小学館 2019年04月11日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

地球2周分を、リヤカーを引いて時速5キロのひとり旅!
最も印象的だったアフリカ大陸縦断。エジプトから南アフリカの喜望峰まで歩いた1年間で出会った人たち、遭遇したアクシデントの数々、そして言葉を失うほどの絶景…。
徒歩旅だからこそのエピソードが満載。読むと心が躍り、一緒に旅しているようです!

[画像2: (リンク ») ]

『リヤカー引いてアフリカ縦断
      時速5キロの歩き旅』
吉田正仁・著
2019年4月17日発売
定価:本体1,500円+税
A5判 256ページ
ISBN978-4-7780-3544-0
発売:小学館
発行:小学館クリエイティブ

本書紹介ページ
(リンク »)

試し読み
(リンク »)

Twitter
@carts_yoshida

PR動画
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]




GWに吉田正仁が地元・鳥取をリヤカー行脚!

『リヤカー引いてアフリカ縦断』の発売を記念して、著者・吉田正仁が地元の鳥取を、リヤカーを引いてPR行脚します。コースは鳥取から倉吉、米子を経て、島根の松江まで。
リヤカーは、アフリカを歩く時に実際に使用してたもので、厳しい旅の一部を体感できます。
行脚途中、今井書店4店舗でサイン会や、講演会も予定しています。



[画像3: (リンク ») ]

<イベント予定>

4月27日(土)14:00~
今井書店 吉成店 
ミニ講演会・サイン会

29日(月)11:00~
今井書店 パープルタウン店 
サイン会


30日(火)15:00~
今井書店 本の学校 
ミニ講演会・サイン会

5月 2日(木)13:00~
今井書店 グループセンター店
サイン会

※詳しくは各書店・店舗へお問い合わせください。


[画像4: (リンク ») ]

吉田正仁という人物
1981年鳥取県生まれ。2009年1月よりリヤカーを引いて徒歩旅を開始。2013年8月までにユーラシア大陸横断、北米大陸横断、オーストラリア大陸縦断、東南アジア縦断。その後、2014年9月から2015年7月までにアフリカ大陸縦断、2015年10月から2018年5月までに、南米大陸と北米大陸を縦断。総歩行距離は、約7万7500キロ。地球2周分にもなる。2013年9月に鳥取県が創設した「鳥取県栄光のチャレンジャー賞を受賞した吉田正仁氏は「小さな1歩であっても、それを継続し、積み重ねることで遙か遠くの目的地に達する」と語っている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]