Kandao社製カメラはAIを駆使し、これまで撮影した映像を最大10倍の1200fpsへ生成を可能に!

Kandao Technology Co. LTD 2019年04月11日

From PR TIMES

Kandao社はこのソフトウェアのアップデートを無償で行い、QooCamやObsidianなどの既存製品に対応します。

Kandao社はソフトウェアのアップデートにより「AI スローモーション」という新しい機能を実装しました。この新機能はディープラーニング(深層学習)を活用して、すでに撮影された動画を最大10倍のスーパースローモーション動画を生成可能になりました。



[動画1: (リンク ») ]



Kandao Technology Co. LTDは最先端のアルゴリズムを初めて360度カメラObsidianとQooCamに実装されたため、高品質なスローモーション動画作成が可能となりました。これにより30fpsの映像から10倍の最大300fpsのスロモーション動画に変換できるようになります。

今回のアップデートについてKANDAO社のCEOであるChen Danはこのようにコメントしています。「スローモーションは見逃したくない瞬間を捉える可能性を提供するが、全てのカメラがこの機能を実装しているわけではありません。高フレームレートになるにつれて生成されるデータの容量が大きくなり、対応できるカメラは何万ドルを費やすことになります。複数のレンズが付いた360度カメラにとってはさらに挑戦的で魅力的な機能を実現しました。」

ニューラルネットワークに予想させたフレームを追加することで、Kandao Obsidianと QooCamのユーザーは既存の360/VR動画から高い解像感を保持したまま滑らかなスローモーションを生成できます。
[画像: (リンク ») ]



この新機能を活用して、ユーザーは通常のスピードで撮影された動画を最大10倍のスーパースローモーション動画を生成できます。例えば、Kandao/QooCam スタジオで360度ステッチング時、8K 30fpsで撮影された360度動画から8K 240fpsに、4K 60fpsの動画から4K 480fpsに生成できるようになります。

今回、「AIスローモーション」の他に、より強力な手振れ補正、ステッチング更新、カメラから書き出したファイルに直接接続等の機能も実装されます。ステッチング性能の向上によって処理にかかる時間が短縮されることになります。


[動画2: (リンク ») ]



スーパースローモーション付きのQoocam Studio(Winバージョン)を下記のURLからダウンロードしてください。 (リンク »)
Kandao Studio V3.0は4月23日にリリースする予定です。

株式会社Kandao Technology(本社:中国深セン/CEO Chen Dan)
URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]