Google Homeを思いのまま喋らせる!Google Homeをさらに楽しく便利にする「GHKit」の最新版「GHKit Zero」が新登場。本日(4/11)より販売開始!

てとてとて合同会社 2019年04月11日

From PR TIMES

「IFTTT」「Google Apps Script」「AWS IoT ボタン」をサポート。外部イベントに応じたプッシュ通知で、好みのメッセージをタイミングよくGoogle Homeで音声再生します!

ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」は、今話題の「Google Home」を「思いのまま喋らせる」ことのできる「GHKit」の最新版「GHKit Zero」を開発し、本日(4月11日)より販売を開始しました。GHKitは、Google Homeでプッシュ通知を実現することができるキットです。「IFTTT」などと連携し、外部からのイベントに応じたプッシュ通知で、タイミングよく、音声で、あらかじめ設定した好みのメッセージをGoogle Homeで再生することができます。このたび販売を開始したGHKitの最新版「GHKit Zero」では、サービス連携プラットフォームとして、これまでサポートしていたIFTTTに加え、「Google Apps Script」と「AWS IoT エンタープライズボタン」を新たにサポートしました。また、基本のハードウェアに「Raspberry Pi Zero W」を採用することで、従来より安価に商品をご提供することが可能になりました。より便利に、安価になって生まれ変わりました。どのように利用するかはアイデア次第です。是非、便利な使い方を発見してください。



ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」(本社:京都市、代表社員:下坂久司)は、今話題の「Google Home」を「思いのまま喋らせる」ことのできる「GHKit」の最新版「GHKit Zero」(ジーエイチキット ゼロ (リンク ») )を開発し、本日(4月11日)より販売を開始しました。
[画像1: (リンク ») ]


GHKitは、Google Homeでプッシュ通知を実現することができるキットです。GHKitを利用することで、Google Homeをもっと便利に、さらに楽しく使うことができるようになります。

具体的には、「IFTTT」などと連携し、外部からのイベントに応じたプッシュ通知で、タイミングよく、音声で、あらかじめ設定した好みのメッセージをGoogle Homeで再生することができます。話しかけないと答えてくれないGoogle Homeが、GHKitにより積極的に喋りかけてくれるようになります!

このたび販売を開始したGHKitの最新版「GHKit Zero」では、サービス連携プラットフォームとして、これまでサポートしていたIFTTTに加え、「Google Apps Script」と「AWS IoT エンタープライズボタン」を新たにサポートしました。また、基本のハードウェアに「Raspberry Pi Zero W」を採用することで、従来より安価に商品をご提供することが可能になりました。より便利に、安価になって生まれ変わりました。

[画像2: (リンク ») ]


「GHKit Zero」では、「IFTTT」や「Google Apps Script(GAS)」と連携して、具体的に次のようなことを簡単に実現することができます。

1. メール・Twitter :
メールを受信した時やTwitterが投稿された時に、メールの件名やツイートされた内容をGoogle Homeで再生できます( IFTTT・GAS連携の例 )。

2. 天気予報・位置情報:
明日の天気予報が雨に変わった時や、家族がもうすぐ帰ってくる時、Google Homeがあらかじめ設定した音声メッセージで知らせます( IFTTT連携の例 )。

3. 時報・リマインダー:
毎日指定した同じ時間や、カレンダーに登録した予定の開始前に、Google Homeで時報やリマインダーを鳴らします( IFTTT・GAS連携の例 )。

4. スマホからメッセージ:
GHKit ZeroのスマホアプリからいつでもGoogle Homeに音声メッセージを送れます。また、AndroidスマホではSMSとの連携も可能です( IFTTT連携の例 )。

5. Mesh・IoTデバイス:
SonyのMeshセンサーや、様々なIoTデバイスを使えばもっと便利に、もっと楽しく使えます( IFTTT連携の例 )。明るさセンサーや人感センサー、温度や湿度などのセンサーと組み合わせれば、利用用途が大きく広がります。

また、新たに対応した「AWS IoT エンタープライズボタン」を利用して、ボタンを押した時に、任意の音声メッセージをGoogle Homeで再生することができます。IoTボタンとGoogle Homeを用いた「呼び出しベル」や「ナースコール」のようなシステムを簡単に実現することができます。

[画像3: (リンク ») ]



どのように利用するかはアイデア次第です。是非、便利な使い方を発見してください。

【 GHKit Zero について 】

「GHKit Zero 」は、Google Homeをさらに便利にもっと楽しくする「GHKit」の最新バージョンです。「IFTTT」や「Google Apps Script」「AWS IoT ボタン」と連携し、外部からのイベントに応じたプッシュ通知で、あらかじめ設定した好みのメッセージを、タイミングよく、Google Homeで音声再生することができます。

GHKit Zeroでは、基本のハードウェアに「Raspberry Pi Zero W」を採用することで、従来より安価に購入できるようになりました。また、従来はサービス連携に「IFTTT」のみをサポートしていましたが、GHKit Zeroでは新たに「Google Apps Script」と「AWS IoT ボタン」をサポートし、より便利に、多様な連携を作成できるようになりました。

販売サイト : (リンク »)
販売価格 : 税抜 12,000円 (税込 12,960円)

【 IFTTT について 】

IFTTTは、TwitterやFacebookに代表される数百ものWebサービス同士を相互に連携することができるサービスです。IFTTTは「IF This Then That」の略で、「This」した時「That」するという形の「レシピ」をユーザが自由に作成することができます。
URL : (リンク »)

【 Google Apps Script について 】

Google Apps Scriptは、GmailやGoogleマップ、Googleスプレッドシートなど、Googleが提供する代表的なサービスと自由に連携させて利用できるプログラミング言語です。Gmailでメールを受信した時、Googleスプレッドシートが更新された時など、Googleサービスに関連する様々なシチュエーションをトリガーにして、任意のプログラムを実行することができます。
URL : (リンク »)

【 AWS IoT ボタンについて 】

AWS IoT ボタンは、Amazonが開発・販売する、インターネットに接続された汎用的なボタンデバイスです。ボタンを押した時の動作をAWS Lambda上に登録し紐づけることができるため、ボタン押下をトリガーにして、任意のプログラムをAmazonのクラウドサーバー上で実行することができます。
URL : (リンク »)

【 てとてとて合同会社 について 】

社名 : てとてとて合同会社
設立 : 2016年12月
所在地: 京都市伏見区奉行前町3番 104号室
代表者: 代表社員 下坂 久司
事業内容:AI、IoT、クラウド、スマホなどのアプリ・サービス開発、WEBデザインならびにWEBマーケティング、最新のIT技術の調査レポート
URL: (リンク »)

【 本件に関するお問い合わせ先 】

社名 : てとてとて合同会社
担当者名: 下坂久司
メールアドレス: teto@teto.tech
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]