「野性時代」5月号発売! 毎年恒例の医療小説特集では、人気作家4人の読切を掲載! 『愛がなんだ』映画化記念対談、第10回野性時代フロンティア文学賞選評も。表紙とグラビアは『愛がなんだ』より成田凌。

株式会社KADOKAWA 2019年04月11日

From PR TIMES



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2019年5月号(No.186)を2019年4月11日(木)より発売いたしました。
[画像1: (リンク ») ]


◆ニュース
1.【特集】人気シリーズ読切4作に加え、2018年のブックガイドも必読。
○医療小説の最前線!
少子高齢化の進展や医療現場の多様化など、医療を取り巻く環境の変化は、医療小説にも新たな風を巻き起こしています。東えりかさんによる、昨年刊行の注目作・話題作のブックガイドと共に、医療小説を最前線で牽引する4人の豪華競演をお楽しみください。

〈読切〉海堂尊「氷獄」【“バチスタ”シリーズ】/久坂部羊「縮命 オカシナ記念病院 Episode 7」」/知念実希人「血の約束」【「病理医・刀祢紫織」シリーズ】/夏川草介「カタクリ賛歌」【「神様のカルテ」スピンオフ】

2.【医療小説読切】「正義」とは何かを問う、一挙270枚! 待望の“バチスタ”シリーズ最新作。
○海堂尊「氷獄」
新人弁護士・日高正義は、国選弁護士として“バチスタ事件”の被疑者、氷室のもとを訪れる。弁護の拒否を続ける氷室だったが――。


[画像2: (リンク ») ]

3.【特集】『愛がなんだ』映画化記念
○角田光代×今泉力哉(監督)
平凡なOLテルコの“究極の片思い”を描く純度100%の恋愛小説、『愛がなんだ』。その映画化を記念して、原作者・角田光代さんと、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督の対談が実現しました。

4.【発表】第10回野性時代フロンティア文学賞
3月13日(水)に最終選考会を行った野性時代フロンティア文学賞の結果を発表。選考委員の冲方丁さん、辻村深月さん、森見登美彦さんによる選評を掲載しています。


◆おすすめ連載
○あさのあつこ「薫風ふたたび」(最終回)
父から一族の秘密を打ち明けられ、新吾が下した決断とは――。少年が傷つきながらも大人へと変わる感動の時代小説、ついに完結!

○梶よう子「吾妻おもかげ」(第2回)
妓たちに施した刺繍が評判を呼び、忙しく応える吉兵衛だったが、父から依頼された上絵は、未だ描きだせずにいた――。

○伊岡瞬「仮面」(第2回)
表向きとは異なる三条と助手の久保川の特殊な関係に秘書の早紀は戸惑いを覚える――。


『小説 野性時代 第186号 2019年5月号』
定価:本体800円+税
発売日:2019年4月11日
発行:株式会社KADOKAWA
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]