自動運転関連求人数の最新調査(2019年3月版)を公表 主要6転職サイト、2カ月連続2ケタ増 前月比11.3%増 - 自動運転ラボ

株式会社ストロボ 2019年04月11日

From PR TIMES

レベル4以上の「真の自動運転」を見据えた求人案件も目立つように

株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)が運営する日本唯一の自動運転専門ニュースメディア『自動運転ラボ』( (リンク ») )は、日本国内における自動運転関連求人数の最新調査(2019年3月末時点)をまとめましたので、結果を発表いたします。



●『自動運転ラボ』による調査: 最新の自動運転関連の登録求人数

主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数は2019年3月末時点で13,938件となり、前月比で11.3%増となりました。2カ月連続で2ケタ増を記録した形となり、2019年内に20,000件に達するペースで求人数が伸びています。(求人数は各転職サイトにおける「自動運転」のフリーワード検索の結果数)
[画像1: (リンク ») ]

主要6転職サイトのうち、3サイトが前月比で増加、3サイトが前月比で減少する結果となりました。
関連求人数で最も多かったのは前回調査に引き続き「Indeed」で12,479件(前月比13.2%増)となり、「doda」が1,092件(同5.4%減)、「リクナビNEXT」が128件(同3.2%増)、「ランスタッド」が110件(同46.7%増)、「マイナビ転職」が71件(同21.9%減)、「エン転職」が58件(同1.7%減)と続きました。
尚、前回調査までの3カ月間、主要6サイトの関連求人数の順位には変動がありませんでしたが、今回調査では「ランスタッド」が「マイナビ転職」を抜き、掲載数で第4位となっています。


●レベル4以上の「真の自動運転」を見据えた求人も

2019年3月の登録求人案件では、「自動運転レベル4」(高度運転自動化)や「自動運転レベル5」(完全運転自動化)などのキーワードが目立ちました。
日本では道路交通法が改正され、「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)の公道走行が解禁される見込みです。ただレベル3は、緊急時は人間がシステムに代わって運転操作を行う必要があるため、完全な無人運転が実現しているとは言えません。一方でレベル4以上は人間が一切運転に関与する必要が無くなり、「真の自動運転」と呼ばれることがあります。
レベル4やレベル5のキーワードが登場する求人では、完全無人運転を実現するためのソフトウェア開発業務や、自動運転車の動作を外部に伝える「ランプ」に関する知財特許の業務などを担当する案件があり、早くも完全自動運転の実現を見据えた人材確保の動きが本格化していると言えます。


●「自動運転ラボ」による定点求人調査について

自動運転ラボは、業界を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線についての情報を発信しています。自動運転関連の求人調査については今後も毎月実施・公表し、最新情報の発信が企業や団体の採用活動の一助となるよう努めて参ります。


【自動運転ラボ メディア概要】

[画像2: (リンク ») ]

メディア名:自動運転ラボ
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
NewsPicks: (リンク »)
問い合わせ:contact@jidounten-lab.com


【株式会社ストロボ 会社概要】


[画像3: (リンク ») ]

商号:株式会社ストロボ
代表者:代表取締役社長 下山哲平
所在地:東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL: (リンク »)
事業内容:デジタルマーケティング事業
     メディア&コンテンツ開発事業
     ベンチャー投資育成事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]