東北新社と業務提携 プロジェクトチーム「AID新社」によりリアル体験型コンテンツを共同開発

AID-DCC Inc. 2019年04月11日

From PR TIMES

株式会社エイド・ディーシーシー(本社:大阪市中央区、代表取締役:富永幸宏、以下AID-DCC )と、株式会社東北新社(東京都港区・植村 徹社長、以下東北新社)は、4月11日付で業務提携を行い、プロジェクトチーム「AID新社」により、MR(Mixed Reality/複合現実)、AR(Augmented Reality/拡張現実)などの最新技術を活用した体験型コンテンツを共同開発することとなりました。



 AID-DCCは、国内トップレベルといわれるデジタルクリエイティブを武器にカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルで受賞するなど世界的にも高い評価を得ており、体験型アトラクション施設のシステム開発実績を多く有しています。また、東北新社グループは、映像制作を基軸に、キャラクタービジネス、イベントの企画や実施運営、VRを活用したコンテンツ制作も数多く手掛けています。

 現在、新しい映像表現が続々と生まれ、AIやIoT技術による体験型コンテンツの進歩も格段に速まってきています。この両社の強みを生かした業務提携により、映画や映像の世界のリアル体験といった、没入性がより高いオリジナルの体験型コンテンツを開発、進化したエンターテインメントの提供を目指していきます。

 この業務提携に先駆け、第1弾として、現在テレビ東京ほかで放映中の『けものフレンズ2』とのコラボイベント『東武ジャパリパーク』(5月31日まで東武動物公園で開催中)を開発。アニメの世界観、ARや謎解きなどゲーム性に富んだ内容を体験することができるイベントとなっています。

 「AID新社」は今後、新しい体験や社会課題への気づきや解決をもたらす多数のプロジェクトを創造してまいります。
[画像: (リンク ») ]

■東北新社 会社概要
 Passion(ほとばしる情熱)、Creativity(豊かな創造力)、Technology(最新技術の追求)、 Speed(変化への迅速な対応)という4つの言葉をモットーに1961年の創業以来、映像ビジネスに積極果敢にチャレンジし成長を続ける総合映像プロダクション。映像コンテンツ制作・配給、放送関連、テレビコマーシャル制作、デジタル映像処理の主要4事業において業界をリードする。

商号   株式会社東北新社
設立   1961 年4月1日
資本金   24 億 8,700万円
代表者  植村 徹
業務内容  総合映像プロダクション
URL (リンク »)

■AID-DCC Inc. 会社概要
 テクノロジーとデザインに対するナレッジに基づいた、体験価値のプランニングとアクティベーションを得意とするクリエイティブブティック。ウェブサイトに留まらないエクスペリエンスデザインを手がけ、国内外の栄えある賞を多数受賞している。東京・大阪に拠点を置き、業界団体「インタラクティブ・コミュニケーション・エキスパーツ(I.C.E)」の理事会員も務める。

商号   株式会社エイド・ディーシーシー
設立   2004年12月3日(創業2000年4月3日)
資本金  2,000万円
代表取締役  富永 幸宏
業務内容   広告プロモーション全般の企画・制作・運営/ウェブシステム・ウェブアプリケーション開発/各種施設の内外装 / スペースデザイン / イベント美術のデザイン / 造作施工/インターネットによる通信販売全般
URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]