「第18回アジア競技大会」 における不祥事に関する橋本拓哉選手の復権(処分解除)のお知らせ

ヒューマン 2019年04月11日

From PR TIMES

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)は昨日10日開催の理事会で、昨夏8月に開催された「第18回アジア競技大会」における不祥事(不適切な行動)により処分を受けた橋本 拓哉選手の復権(処分解除)を決定しました。橋本選手につきましては、処分が下された2018年8月29日より1年間、公式試合出場権がはく奪されておりましたが、今回の復権(処分解除)承認により、以降の公式試合への出場が可能となりましたことをお知らせいたします。

【内容】
対象者:橋本 拓哉選手
処分内容:2018年8月29日から1年間の公式試合出場権はく奪(※処分決定時)
復権日(処分解除日):2019年4月11日

復権手続規程ならびに裁定委員会答申はJBA公式サイトにて公開していますのでご参照ください。
○復権手続規程: (リンク »)  
○裁定委員会答申: (リンク »)

代表取締役 安井 直樹コメント
橋本拓哉選手の第18回アジア競技大会開催中のJOC行動規範に抵触する行動につきまして、バスケットボールファンの皆さま、関係者の皆さま、ステークホルダーの皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを改めてお詫び申し上げます。処分期間中、橋本選手が世のため、人のために行動できる選手として成長してもらうために、教育研修の実施、社会奉仕活動への従事を指導してまいりました。時には私も一緒に活動に参加し、橋本選手の姿勢の変化や想いを傍で見守ってきました。橋本選手の活動をずっと傍で見てきたからこそ、クラブとしては本人からの復権の申立ての希望を受け入れ、このたびJBA理事会にて復権をご了承いただくことになりました。
この結果を受け、クラブとして今後の活動について検討いたしました結果、橋本選手の活躍を待ってくださっているファン・ブースターの皆さま、関係者の皆さまの期待に応えるためにも、2019年4月13日から公式戦へ出場させる決断をいたしました。
今後においても、橋本選手がさらに世のため、人のために行動できる選手へと成長し、皆さまに信頼され愛される選手となるよう、引き続き教育を徹底してまいります。

橋本 拓哉選手コメント
これまで関係者の皆さまやファン・ブースターの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。公式試合出場停止期間中、教育研修や社会奉仕活動に取り組む中で、社会人としての考え方や行動、プロスポーツ選手であるべき姿を一から見つめ直すとともに、たくさんの方々のご声援・ご支援のもと、素晴らしい環境でバスケットボールをさせていただいていたことを改めて実感し、学ぶことができました。すべての方々への感謝の気持ちを忘れず、真摯にバスケットボールに取り組み、皆さまにご迷惑をおかけした分を取り返すべく、これまで以上に努力し、精進してまいります。

ヒューマンプランニング株式会社 大阪エヴェッサ事業 ---------------------------
B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の運営をはじめ、 アスリートマネジメント事業、 スポーツ興業など、 スポーツを通じて、 青少年の育成、 地域活性を図っています。
●代表取締役 : 安井 直樹
●所在地 :大阪市中央区南船場4丁目3番2号 ヒューリック心斎橋ビル9階
●資本金 :5,000万円
●URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]