テレビドラマ「ラジエーションハウス」にキヤノンメディカルシステムズが協力

キヤノン株式会社 2019年04月11日

From PR TIMES

CTやMRIをはじめとする医療機器が熱演

キヤノンメディカルシステムズは、2019年4月8日(月)に放送をスタートした連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、月曜午後9時)に撮影協力しています。



「ラジエーションハウス」は、「グランドジャンプ」(集英社)にて2015年10月から連載中の同名漫画を原作にした、放射線技師らの活躍を描く医療ドラマです。

キヤノンメディカルシステムズは、CT、MRI、超音波診断装置、マンモグラフィ、医用画像管理システムなどの各種医療機器の撮影協力を行いました。また、キヤノンマーケティングジャパンがカメラ・レンズなどのデジタルカメラ製品などの小道具協力を行い、キヤノングループとして幅広いイメージング製品でドラマの撮影に協力しています。
[画像1: (リンク ») ]



各種医療機器類は、2019年3月18日(月)に、都内の撮影スタジオに運び込まれ、キヤノンメディカルシステムズの多くのカスタマーエンジニアが放射線こそ発しないものの、実際とほぼ同様に動くようにCTやMRIを調整しています。今後のストーリー展開と合わせ、キヤノン製品の「月9」での“名演技”にご期待ください。

[画像2: (リンク ») ]

また、ドラマの放映に合わせ、キヤノンメディカルシステムズは、特設サイト「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~ 応援ページ」(URL: (リンク ») )を開設しました。撮影スタジオでのセッティングの様子が分かるタイムラプス動画や、CTやMRIの特長や仕組みを解説するコンテンツなど充実を図り、「ラジエーションハウス」を応援しています。

なお、キヤノングループは、4月12日(金)~4月14日(日)までの3日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「2019国際医用画像総合展(ITEM 2019)」に出展し、高精細CT、1.5テスラMRIシステム、超音波診断システムなどの最新機器やソリューションを展示する予定です。


「ラジエーションハウス」概要


[表1: (リンク ») ]



* 放送時間や作品の詳細については、公式サイト(URL: (リンク ») )にてご確認ください。



撮影スタジオでのセッティングの様子


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

<撮影スタジオセッティング動画 >
(リンク »)


特設サイト

特設サイトでは、読むと「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」を見るのがもっと楽しくなるコンテンツを順次更新していきます。放映と合わせ、世界中の人々の健やかな生活を守るために医療の発展を支え続ける医療機器について学んでみませんか。ドラマとともに、どうぞご覧ください。


[表2: (リンク ») ]



■特設サイト内のコンテンツ例
Q:CTとは、どんな装置??
[画像9: (リンク ») ]



キヤノンメディカルシステムズについて

キヤノンメディカルシステムズは、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や検査機器を開発、製造し、世界約150以上の国や地域に提供しています。経営スローガンである「Made for Life」のもと、病院運営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、尊い命を守る医療に貢献します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]