石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY-V plus」の販売会社設立について

出光興産株式会社 2019年04月11日

From PR TIMES

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一)、郵船商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土屋 恵嗣)、日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内藤 忠顕)は、石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY-V plus (アルティ ヴイ プラス)」の販売会社を共同設立し、今後国内および中国・台湾・ベトナムなどへの販売を強化します。



[画像: (リンク ») ]



「ULTY-V plus」は、発電所や工場で使用されている石炭ボイラの最適な運転を実現するため、AI(人工知能)を活用し、一連の動作を「自己計測」、「自己分析」、「自己判断」の完全自己完結型で行う燃料制御機能システムです。燃焼効率の改善や燃料使用量削減による経済性の向上だけでなく、二酸化炭素(CO2)排出削減による地球温暖化防止を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
【販売会社概要】
会社名  郵船出光グリーンソリューションズ株式会社
所在地  東京都港区浜松町二丁目4-1 世界貿易センタービル34階
代表者  代表取締役社長  土屋 恵嗣
資本金  30百万円
出資会社 出光興産株式会社、郵船商事株式会社、日本郵船株式会社
事業内容  ボイラ制御最適化システムに関する販売事業、改良開発事業、コンサル事業他
設立日  2019年3月12日
営業開始日2019年4月1日
【ULTY-V plusの概要】
・商品名:石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY-V plus」
・対象設備:石炭ボイラ(微粉炭燃焼、流動層燃焼)、その他各種ボイラ
・対象燃料:石炭専焼、石炭/バイオマス混焼、石炭/副生燃料混焼、重油/副生燃料混焼
・燃料削減率:1.0%以上
・特徴:1.AI(人工知能)を組み込んだ自己学習機能により燃料制御を最適化します
    2.プラントの制御性が安定し、高い省エネ性能を発揮します

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

出光興産株式会社の関連情報

出光興産株式会社

出光興産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]