忍者ナイン×宝島社『大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術』4月15日発売

株式会社やる気スイッチグループ 2019年04月12日

From PR TIMES

目指せ、金メダリスト!幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」のDVDつきムック本 バイオメカニクスにもとづいた運動プログラムで、運動会のヒーローになるためのポイント満載

総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司 以下、やる気スイッチグループ)が運営する幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」と宝島社(東京・千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、DVDつきムック本『大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術』(1,480円、税別)を共同企画し、4月15日(月)から全国の書店およびAmazonなどで発売します。



「忍者ナイン」は東京大学大学院・深代千之教授によるスポーツバイオメカニクスに基づき、すべてのスポーツの土台となる9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)を身につけるための運動プログラムを提供、国内で200以上の教室(ラボ)を展開しています。「大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術」では、科学的に子どもの運動能力を高める忍者ナインの300の運動プログラム「Ninja300」の中から、足が速くなるための15種類のメソッドを「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の3つのレベル別にまとめました。


[画像1: (リンク ») ]


DVDつきムック本『大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術』 概要
■発売日:2019年4月15日
■出版社: 宝島社
■定価:1,480円(税別)
■形式:ムック本(ソフトカバー)、A4変形版、46ページ
■販売先:全国の書店、Amazon( (リンク ») )など

[画像2: (リンク ») ]

『大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術』は、足が早くなるためのメソッドを通じて、「運動が好きになる」「本番に強い心を作る」「自分に自信が持てるようになる」といった心身の成長バランスを促します。他にも、子どもの実力を100%発揮させるための自信のつけ方や誉め方、自分で考える力の大切さを伝えています。親子で楽しみながら忍者ナインのメソッドを習得し、「かけっこが速くなりたい」「運動会やスポーツ大会で活躍したい」など、子どもの夢を叶える一冊です。


忍者ナインの運動プログラムは、カラダ(運動能力を育てる)・ココロ(社会性を育てる)・アタマ(考える力を育てる)の3つの成長を促すために組み立てられています。スポーツを通して自分に自信をもち、何事にもチャレンジできる子どもに育ってほしいという思いから、筋力・体力の養成ではなく、幼少期に必要な「神経系統の発達」のための効果的なプログラムをご用意しています。すべてのスポーツの土台となる9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)を身につけることで運動能力を伸ばし、さらに多学年のグループ活動を取り入れることで、リーダーシップや年下の子を思いやる気持ち、チームで考える力など社会性や協調性を育てます。

忍者ナインでは、この『大人になる前に身につける!忍者ナイン式 かけっこが速くなる術』の発売を記念して、今後、体験イベントなどを企画する予定です。

株式会社やる気スイッチグループ
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、 バイリンガル幼稚園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International)」、バイリンガル×アクティブ幼児園「アイキッズスター(i Kids Star)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外で1,600以上の教室・ラボを展開し、9万人以上の子どもたちの学びをサポートしています。やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。  (リンク »)

幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」
忍者ナインはスポーツバイオメカニクスに基づいた運動プログラムを提供する幼児・小学生向けのスポーツ教室で、全国で200以上のラボを展開しています。幼少期に必要な「神経系統の発達」のための効果的なプログラムとして、すべてのスポーツの土台となる9つの基本動作(走る・跳ぶ・投げる・打つ・捕る・蹴る・組む・バランス・リズム)を身につけるための、スポーツバイオメカニクスの研究成果を基に考案された300の運動プログラム「Ninja300」が特長です。また、9名の異学年合同プログラム「Ninjaバトル」を通じてリーダーシップや年下の子を思いやる気持ち、チームで考える力など社会性や協調性を育て、脳科学を基にした30のゲームにより自分で考える力を育てます。そのほか、動作分析シミュレーションシステム「スポーツ適性ナビ」を用い、お子さま運動能力を総合的に判断し、どんな競技に向いているかを診断します。 (リンク »)   

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]