【400年の時を経て「令和」に江戸城が蘇る?!】江戸城再建プロジェクトを記念して「城コン」開催決定!

IBJ 2019年04月12日

From PR TIMES

(リンク »)

婚活事業を展開する株式会社IBJ(東一/6071)は、令和元年に江戸城を蘇らせる「江戸城再建プロジェクト」を応援するべく、皇居東御苑を巡る婚活ツアー「城コン」の開催を決定しました。2019年5月12日(日)26日(日)の開催を皮切りに、定期開催。江戸城を通じて、日本の古き良き時代の文化を知ることができる婚活ツアーです。



[画像1: (リンク ») ]



開催の背景

訪日外国人旅行者数が増加傾向をたどる今日、新たな元号「令和」が発表されたことで、さらに日本の注目度が高まっています。しかし、江戸から4つの元号が過ぎた現在、日本の歴史を知る機会が減少。そこで、クラウドファンディングにより東京のど真ん中に江戸城を蘇らせる「江戸城天守再建プロジェクト」がスタート。IBJは「日本の歴史と伝統に愛着を持ってもらいたい」というプロジェクトの想いに賛同し、若い世代にも日本の歴史を体感していただくため、江戸城ツアーを通じた婚活イベント開催へと至りました。


城コン概要


「江戸城を歩く」の著者であり、自称「江戸歩きの案内人」でもある黒田涼さんがアテンドを務める城コンは、土地の変遷や東京に潜む歴史について知ることが出来る婚活ツアーです。大手門からスタートし、散策中は男女ペアとなり交流。5月はつつじや花菖蒲が見ごろとなるので、開放された空間が会話を盛り上げます。江戸城にまつわるクイズも予定しているので、歴史や城好きの方はもちろん、どなたでも楽しめる婚活ツアーとなっています。

[表: (リンク ») ]




「江戸城天守再建プロジェクト」とは

約400年前、日本最大といわれた江戸城ですが、その天守閣は長きにわたって失われた状態です。AR再建プロジェクトでは、かつての様子をまるでそこにあるかのように感じるARアプリを開発。現在も入ることが可能な本丸御殿跡から、天守台に向けてスマホをかざすと、天守台の上に、寛永度天守がそそり立つ姿を見ることが可能に。


[画像2: (リンク ») ]


クラウドファンディング成功により江戸城の再建が実現した場合、日本を訪れる世界中の人々や、日本の若い世代の人々に、日本の歴史と文化を知っていただける拠点になると考えます。再びその姿を東京のど真ん中に、そして新たな東京のシンボルとなることにIBJは期待し、応援しています。

■400年越しに蘇る「江戸城」その姿を。江戸城天守再建プロジェクト。


(詳しくはこちら) (リンク »)


【動画:クラウドファンディングが達成された場合に実現する内部映像の一部】
[動画: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


【株式会社IBJ( (リンク ») )】
婚活業界のリーディングカンパニーとして、ITプラットフォームを活用したIBJ独自のシステムと、人だけが提供できるハンズオンサービスの両輪で、お客様のライフスタイルや婚活フェーズに合わせたサービスの提供を行っています。
代表者 :代表取締役社長 石坂 茂
所在地 :東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト 12階
上場市場:東証一部(証券コード6071)
事業内容:結婚相談所、婚活ITプラットフォーム、連盟ネットワーク、コミュニティ、イベント、ライフデザインサポート等

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]