電子チラシサービス「Shufoo!」、改元とGWの意識調査

株式会社ONE COMPATH 2019年04月15日

From PR TIMES

「改元楽しみ」約7割、「改元セールに期待」約7割!GW全て休みの主婦は約半数!平均予算は3年前の約1.9倍!

 凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、東京都港区、代表取締役社長:早川 礼 ※1)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※2)は、Shufoo!を利用する全国の既婚女性5874名の消費者を対象に、改元と10連休ゴールデンウィークに関する意識調査を行いました。新元号が「令和」と発表され、いよいよ新しい時代の到来に期待が膨らみます。また改元に伴い今年のゴールデンウィークは10連休と超大型。「改元と10連休GW」を主婦が一体どう捉えているのか、アンケート調査を実施しました。



≪改元と10連休ゴールデンウィークに関する実態調査≫


楽しみにしている人が約7割!
4人に1人が新しいことを始めたい!
改元記念セールに期待約7割!うち3割が「体験」に消費したい!
10連休すべて休みは約半数!休みが全くない人も10%●今年は財布のひもも緩い!出費予定総額は平均56,640円。3年前の約1.9倍!

■改元を楽しみにしている人が約7割!

[画像1: (リンク ») ]

 改元について、「楽しみ」「やや楽しみ」と回答した割合は67.9%となりました。大多数が新しい元号を楽しみにしていることが伺えます。理由として、「新しい時代に突入する」「気持ちを新たに生活出来そうな気がする」など「新しい=ワクワクする」という方が多くいました。「生まれてくる子が新元号生まれになるから」など、“元年ベイビー”ママの喜びの声もありました。

■4人に1人が改元を機に新しいことを始めたい!

[画像2: (リンク ») ]

 元号が切り替わることで何か新しいことを始めたいと思うかという問いでは、「思う」が26.6%で、4人に1人以上が新しいことを始めたいと思っていることが分かりました。具体的な内容は、「資格のために勉強したい」「ダイエットしたい」という意見が多く見られました。ほかにも、「まだ決まっていないが何かをやりたい」と心機一転のきっかけと考える方が多いようです。

■改元記念セールに期待する68.9%!「体験」に消費したい31.7%!

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

 改元を機に記念セールが開催されることに期待すると回答した割合が68.9%で、「期待しない」の31.1%に倍以上の差をつけました。購入したいものでは、「食品・飲料」が76.7%と圧倒的に多く、次いで「日用品・生活雑貨」66.1%、「衣料・ファッション」59.8%となりました。日常生活を送る上で必要な「衣食住」環境を管理する主婦ならではの回答と言えそうです。さらに、具体的に購入を検討しているものとして、「掃除機」「洗濯機」「テレビ」「冷蔵庫」「炊飯器」といった生活家電が多く見られました。大型セールに大きな期待を寄せ、買い替えの好機と考える方が多いことが分かります。
また、「娯楽・レジャー・旅行」が31.7%で、具体的な回答として「船の旅」「お得なツアー」「温泉旅行」などがありました。日常生活の根幹への消費行動だけではなく、一歩上の「体験」に対して消費したいと考える方が多かったのが特徴と言えます。

■10連休、本当に10連休の主婦は約半数!

[画像5: (リンク ») ]

 2019年のゴールデンウィークは10連休と超大型になりましたが、実際に何日の休日があるかを聞いたところ、「10日(全期間)」が49.0%と半数になりました。9日間以下になると意見は分かれますが、ボリュームゾーンとしては「2~3日」の15.8%でした。「0日(休日はない)」が10.1%なのも見逃せませんが、忙しい主婦がいかに多いかが分かります。

■予定は「日帰りで出かける」「外食する」がツートップ

[画像6: (リンク ») ]

 ゴールデンウイークの予定として、「まだ決めていない」が53.4%と大半だったものの、それ以外では、「日帰りで出かける」20.6%、「外食する」19.9%がツートップとなり、続いて「帰省する」15.5%という結果になりました。長い連休とはいえ、海外旅行を予定している人はわずか1.0%に留まり、多くの方が近場に出かけて気軽に楽しもうとする方が多いようです。全体的な傾向としては、休みは長いが近場で安価な「安・近・長」といえます。

■予定出費総額の平均は56,640円!3年前に比べて約1.9倍!

[画像7: (リンク ») ]

 ゴールデンウィークの出費予定総額に関しては、「1~3万円」が31.8%で最多となりました。
2016年に実施したアンケートと比較すると、2016年に「1万円未満」と回答した割合が38.2%だったのに対し、2019年では30.5%と7.7%減。「1~3万円未満」も44.8%から31.8%に大幅に減少しています。一方で、「3~10万円未満」が15.3%から32.7%(+17.4%)、「10万円以上」では1.7%からから3.9%(+2.2%)とそれぞれ2倍以上に増えていることが分かりました。平均値では、2016年が30,165円だったのに対し、2019年では56,640円となり、約1.9倍に増額しました!
「安・近・長」傾向があるものの、いつもより予算をかけて超大型GWを楽しもうとする方が多そうです。

【調査概要】
Shufoo! 利用者調査
調査エリア: 全国
調査対象者: 「シュフーポイント」会員(全年齢層の女性)
サンプル数: 合計有効回答サンプル数 5874名
調査期間: 2019年3月26日~3月28日
調査方法: インターネットリサーチ

※1「株式会社ONE COMPATH」について
地図検索サービス「Mapion」、電子チラシサービス「Shufoo!」などデジタルメディアの運営を中心に事業展開する凸版印刷株式会社のグループ会社。2019年4月1日、株式会社マピオンから社名変更し、それまで凸版印刷が運営していた「Shufoo!」等の事業を承継しました。「Mapion」「Shufoo!」のほか、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」、位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」、コミュニケーションアプリ「ふたりの」等を運営しています。
URL (リンク »)

※2)「Shufoo!」とは
2001年8月より凸版印刷が運営を開始し、2019年4月1日より株式会社ONE COMPATHが運営する20~40代の女性を中心に利用されている国内最大の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約4,000法人、約110,000店舗が参加。PV数は月間4億PV、ユニークユーザー数は月間1,100万(2019年1月現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、スマートフォンやタブレット端末、PCなど様々なデバイスから、日本全国のチラシをはじめとする買い物情報を閲覧することができます。

* 本ニュースリリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、以下のクレジットを必ず明記してください。
クレジット:「株式会社ONE COMPATH 『Shufoo!』 調べ」

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]