谷村志穂、中山七里、似鳥鶏の三大新連載! 「メゾン・ド・ポリス」シリーズ最新作を掲載!――文芸カドカワ5月号、好評配信中!

株式会社KADOKAWA 2019年04月15日

From PR TIMES



株式会社KADOKAWAはエンタメ小説誌『文芸カドカワ』(電子書籍雑誌)2019年5月号(No.53)を配信いたしました。
[画像1: (リンク ») ]


今月の文カド・ニュースは……
1)三代新連載スタート!
『海猫』の谷村志穂が満を持して描く、愛の物語! 谷村志穂「半逆光」/親友の死の裏には巨大な不正が眠っていた! 知的で痛快な復讐譚――中山七里「バンクハザードにようこそ」/本格ミステリ界の旗手が挑むのは、史上最も“孤高な”名探偵!――似鳥 鶏「目を見て話せない コミュ障探偵の会話なき推理」
2)連続ドラマ化で話題の「メゾン・ド・ポリス」最新読み切り掲載!――「メゾン・ド・ポリス 誘拐犯は宇宙人!? 不思議少年&おじさん軍団」加藤実秋

[画像2: (リンク ») ]

半逆光 表紙
[画像3: (リンク ») ]

バンクハザードにようこそ 表紙

[画像4: (リンク ») ]

目を見て話せない 表紙

[画像5: (リンク ») ]

メゾン・ド・ポリス 表紙

【文芸カドカワとは】
株式会社KADOKAWAが2014年12月に創刊した大人のエンタテインメント小説誌。
「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売中です。最新号は毎月10日配信予定。
価格:450円+税(希望小売価格)
公式HP: (リンク ») (スマホ対応)
公式ツイッター:@bun_kado

【今月の執筆陣】
赤川次郎/新井素子/乾 ルカ/いとうせいこう×みうらじゅん/井上純一/加藤実秋/今野 敏/佐藤亜紀/須賀しのぶ/大門剛明/竹本健治/谷村志穂/でんすけのかいぬし/中山七里/似鳥 鶏/深緑野分/藤井太洋/三羽省吾/夢枕 獏

<今月のおすすめ連載>

[画像6: (リンク ») ]



「黄金列車」佐藤亜紀
1944年、陥落寸前のブタペシュトから、ユダヤの財産を載せた列車が走り出す。衝撃の真実を描く歴史小説!


[画像7: (リンク ») ]



「無実の罪」大門剛明
指紋鑑定が間違っている可能性に気づき、藤嶋たちは再審実現を目指す。“えん罪”の真実に迫る、社会派サスペンス。


[画像8: (リンク ») ]



「共犯者」三羽省吾
古巣である業界最大手の週刊誌と、同じ事件を追う宮治の運命は。報道の使命と家族の絆を巡る、サスペンス・ミステリ。


<今月のおすすめピックアップ>
「見仏記 道草篇」いとうせいこう×みうらじゅん

[画像9: (リンク ») ]


「第二開国」藤井太洋

[画像10: (リンク ») ]


「狐火の辻」竹本健治

[画像11: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]