位置情報マーケティングのシナラシステムズジャパン、実証実験により、機械学習モデルによる来店判定精度の高さを証明

シナラ 2019年04月15日

From PR TIMES



位置情報を活用したマーケティング・プラットフォーム事業を展開するシナラシステムズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:細谷 正人、以下「シナラ」)は、来店判定精度の実証実験を行い、機械学習活用の来店判定モデルの精度の高さを証明しました

機械学習モデルを活用したシナラ来店カウントと他社を実証実験にて比較


シナラでは、従来Wi-Fiの「電波強度」「滞在時間」「店舗の営業時間」のフィルタリングを活用することで来店した人と店の外を歩いていた人の判定を行ってきましたが、現在店舗所在地などの要素も盛り込んだ機械学習モデルの検証を行っております。

2018年12月にタイプの違うソフトバンクショップを8店舗抽出して、調査会社と連携の上実来店者カウントを行い、シナラ、他社(X社)も含めた来店カウント数検証を行いました。

期間:2018/12/3~201812/16、調査員1店舗2名体制でのカウント
調査会社:マクロミル

決定係数0.85, 実カウントと比較して高い精度を証明

日別の調査員カウント数と、検知数(シナラの場合はソフトバンク、ワイモバイルユーザーのみをカウント)を比較したところ、シナラカウントでは相関度合いを示す決定係数が0.47~0.85 (平均0.65)を記録。

[画像1: (リンク ») ]



実数については、調査員カウントに対して21.6%~45.1%(平均33.9%)となりました。

通常はWi-Fiオン率、ソフトバンクシェアを加味して拡大推計を行いますが、本件はソフトバンクショップという特性上、ソフトバンクシェアを加味することが難しく、拡大推計は行っておりません。

一方X社の場合は決定係数平均0.34、カウントは調査員カウントの2.5倍~38倍と、相当数の通行人などをカウントしており、比較するとシナラの精度の高さが確認できます。

[画像2: (リンク ») ]


※調査会社:マクロミル2018/12/3-2018/12/16まで実施。調査員2名x8店舗にて実数カウント(1店舗については、電波不具合のため検証除外)


「デジタル」の定義がOOH(屋外広告)領域など、従来のオフラインメディアまで広がってきている昨今、来店などのその後の行動把握は重要であり、そのためには正しく行動カウントをすることが必要となってきます。

今後も、シナラは、オンライン行動とオフライン行動、オフライン広告とオフライン行動をつなげて可視化を行い、広告主の課題解決のためさまざまな取り組みを進めていきます。

◆シナラ について

膨大且つ高精度な位置情報および性年代情報を活用したターゲティング配信と詳細なレポーティング機能によって、生活者へのより効果的なアプローチを可能にする広告主向けマーケティング・プラットフォームです。

◆シナラシステムズジャパン株式会社について

従来のウェブデータに対して、「REAL LIFE. REAL DATA」という理念の下、膨大且つ高精度な位置情報を通じて、生活者のリアル行動データに基づく分析や広告配信を実現するマーケティング・プラットフォームを提供するシナラシステムズの日本法人です。

<シナラシステムズジャパンの会社概要>

会社名:シナラシステムズジャパン株式会社
本社所在地:東京都港区芝公園1-6-8泉芝公園ビル7階
代表者: 代表取締役 細谷 正人
事業内容: インターネット広告事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]