Visa、東京2020パラリンピック ゴールドパートナー契約を締結

ビザ・ワールドワイド 2019年04月15日

From PR TIMES

東京2020パラリンピック競技大会の成功と日本代表選手団の活躍を全力で支援パラカヌーの瀬立 モニカ選手をTeam Visaアスリートのメンバーとして迎えることを発表



[画像1: (リンク ») ]

Visa(NYSE: V)は、このたび、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、「東京2020パラリンピックゴールドパートナー」契約を締結したことを発表しました。本契約のもと、Visaは長年にわたるオリンピック・パラリンピック競技大会のスポンサーとして、また、Team Visaプログラムを通じて、夢の実現に向け限界に挑戦するアスリートを応援し、東京2020パラリンピック競技大会が史上最もインクルーシブな大会となるよう全力で成功を支援します。また、Visaはパラリンピック競技大会唯一の決済テクノロジースポンサーとして、革新的な決済ソリューションの提供を通じて、日本におけるキャッシュレス社会の創造に貢献してまいります。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン代表取締役社長のスティーブン・カーピンは次のように述べています。「このたび、東京2020パラリンピック競技大会にゴールドパートナーとして参画できますことを、大変光栄に思います。Visaは、『パラリンピックムーブメントの推進を通してインクルーシブな社会を創出する』という理念に賛同し、2002年以降、長年にわたりパラリンピック競技大会をサポートしてまいりました。Visaは、唯一の決済テクノロジースポンサーとして、東京2020パラリンピック競技大会の成功を革新的な決済テクノロジーで支援するとともに、日本におけるキャッシュレス化推進に注力してまいります。」

また、Visaはこのたび、東京2020パラリンピック競技大会に向け、日本人パラアスリートとして初めて、瀬立 モニカ選手をTeam Visaアスリートのメンバーとして迎えることを決定いたしました。今回、瀬立選手が加わることで、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた日本人Team Visaアスリートメンバーは、競泳の瀬戸 大也選手および渡部 香生子選手、サーフィンの五十嵐 カノア選手、BMXの中村 輪夢選手の東京2020オリンピックを目指すアスリート4名を含め、計5名となります。Visaは、東京2020大会の開催に向け、今後も幅広い競技種目ならびに多様なバックグラウンドから構成されるTeam Visaアスリートのメンバーを拡充してまいります。

Visaは、2000年にTeam Visaプログラムを開始し、出身国や経歴にこだわらず、長年の夢を実現することを目指すアスリートのために必要なツールやリソースを競技場の内外で提供、支援しています。Team Visaアスリートは、アクセプタンス、パートナーシップ、インクルージョンといったVisaの価値を体現・象徴しています。Visaは、アスリートに財政的支援や金融リテラシー・トレーニング等のツールやリソースを提供しており、これまでに400名以上のアスリートに対して支援をおこなってきました。

瀬立モニカ選手プロフィール
中学生の頃からカヌーを始めたが、高校生の時に怪我を負い、以降車椅子での生活となる。1年間のリハビリを経てパラカヌー選手として活躍。競技復帰からわずか2年足らずで、日本人選手第1号として、リオ2016パラリンピックへ出場、8位入賞を果たす。2017年のアジアパラカヌー選手権ではKL1・VL1、2クラスで優勝。2018年にはパラカヌー世界選手権VL1で優勝を果たす。現在は江東区カヌー協会に所属し、筑波大学体育専門学群にて勉学とトレーニングに励みながら東京2020パラリンピック競技大会出場、メダル獲得を目指している。
[画像2: (リンク ») ]



Team Visaアスリートの詳細はこちらからご覧ください。
(リンク »)

                        ###

Visaについて
Visaは、電子決済の世界的リーダーです。Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。詳しくは、 (リンク ») (英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先
ビザ・ワールドワイド 広報担当:浜田 昌子、内田 彩子 Tel:03-3210-1650
フライシュマン・ヒラード・ジャパン(株)担当:齊藤 恵理称、木村 歩 Tel:03-6204-4364 visa_pr@fleishman.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]