株式会社オーガニックソイルとの資本業務提携のお知らせ

いちご株式会社 2019年04月15日

From PR TIMES

当社は、高付加価値ブランド野菜・果物の品種開発および高密度微生物有機培土と高機能環境制御システムを導入したスマート農業分野の先駆者である株式会社オーガニックソイル(2019年5月1日付で株式会社OSMICへ商号変更予定。以下、「OSMIC」という。)との間で資本業務提携契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.資本業務提携の目的

当社が子会社としていた株式会社テヌート(以下、「テヌート」という。)は、ビニールハウスにおける作物の光合成を最適化するため、産業界で排出されるCO2を分離回収し、それらを光合成の作用に合わせて効率的に施用するCO2局所施用システムの開発および施工を行い、農業の生産方法の改革、雇用の促進、周辺産業の活性化を確立することで、強い農業、儲かる農業を目指しております。
OSMICは、高付加価値の作物を品種開発するとともに、独自開発の高密度微生物有機培土を適用したビニールハウス「オスミックハウス」をパートナー生産者に提供し、栽培された野菜や果物を買い取り、ブランド野菜・果物としてOSMICが有する豊富な流通、販売ルートを通じて消費者に販売しています。
OSMICは、今後の事業展開として、遊休農地や不耕作農地を活用し、クリーンエネルギー、「オスミックハウス」、有名シェフ監修のカフェレストランやマルシェに加え、キャンプやグランピング等のアウトドア施設、宿泊施設を併設した「参加型農業テーマパーク」の展開を計画しております。
当社は、テヌートのCO2局所施用システムを適用することで生産性、品質が飛躍的に向上する「オスミックハウス」をパートナー生産者へ提供することが、テヌートのさらなる企業価値向上に資すると判断し、OSMICとの株式交換を実施いたしました。
併せて、当社はOSMICと業務提携を行い、当社の豊富な商業施設および宿泊施設の運営実績、クリーンエネルギー事業の確立、昨年より行っているスマートハウス賃貸事業の実績・ノウハウを活用し、「参加型農業テーマパーク」を実現してまいります。
当社は、これまで培った不動産技術、ノウハウを活用し、OSMIC、テヌートとともに、この「参加型農業テーマパーク」の発展に貢献するとともに、日本の自給率向上、農作物の品質向上、農家の収入向上に貢献してまいります。

2.資本業務提携の概要

当社およびテヌート創業者が保有するテヌートの全株式をOSMIC株式と交換することにより、本年3月31日付で、テヌートはOSMICの完全子会社となりました。
また、当社とOSMICは、「参加型農業テーマパーク」の共同開発を主とした内容の業務提携契約を本日付で締結しております。


3. 株式交換先の概要
[画像1: (リンク ») ]


4. 交換株式数および交換後の所有株式の状況
[画像2: (リンク ») ]


5. 今後の見通し

2019年4月17日付発表予定の2020年2月期連結業績予想に、本資本業務提携による影響額を織り込んでまいります。
当社は、本資本業務提携により、「参加型農業テーマパーク」実現のためのスキーム開発、商業・宿泊棟の企画・運営等およびスポーツビジネスとのコラボレーション等により新たな収益源を創出するとともに、わが国におけるスマート農業の発展に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]