凸版印刷とZMP、経済産業省・NEDOの実証に無人物流支援ロボットを提供

凸版印刷株式会社 2019年04月16日

From PR TIMES

「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた実証実験でCarriRo(R)を活用しロボット×電子タグの効果を検証

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、経済産業省・国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称:NEDO、理事長:石塚博昭)が2018年12月10日から12月21日に実施した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた実証実験において、株式会社ZMP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下 ZMP)と共同で進めている、CarriRo(R)(キャリロ)ADとRFIDを組み合わせた無人物流支援ソリューションを使用し、棚卸・検品における省人化の効果を確認しました。
 なお、本実証は2019年2月12日から2月28日に実施された「電子タグを用いたサプライチェーン情報共有システムの実験」の予備検証として一般社団法人日本自動認識システム協会(略称:JAISA、会長:春山 安成)より委託を受けて実施しました。



[動画: (リンク ») ]

 ZMPは、無人物流支援ロボットCarriRo(R)ADを活用し倉庫や工場内で無人での搬送を実現する取り組みを推進しています。その一環として、凸版印刷と共同で、CarriRo(R)ADとRFIDを組み合わせた無人物流支援ソリューションの開発を進めています。
 この度、凸版印刷が参画した経済産業省の「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた実証実験においてCarriRo(R)ADとRFIDを組み合わせた無人物流支援ソリューションを使用。物流センターにおいて、電子タグが貼り付けされた段ボールなどをCarriRo(R)ADでけん引し、無人で電子タグを読み取る作業を実施しました。これにより、棚卸や検品における省人化の効果が確認されました。

■ 実証実験について
 本実証では、電子タグが貼り付けされた段ボール・カゴ台車などをCarriRo(R)ADがけん引し、RFIDリーダーのゲートを通過させ、読み取り精度を検証。物流センターでは、段ボールを積載したカゴ台車は重量があるため、人力でけん引する際の負荷が課題となっており、CarriRo(R)ADに段ボール・カゴ台車などをけん引させることで、その課題を解決。本実証実験では、120kg以上の段ボールを積載したカゴ台車で500回以上の読み取りを完全に無人で実施し、段ボール・カゴ台車・番重などへの電子タグ貼り付け位置ガイドライン策定のための基礎実験データを取得。加えて、人力でゲートを通過した時と比較して、無人で走行するCarriRo(R)ADがゲートを通過しても読取性能が変わらないことを確認しました。

 これにより、CarriRo(R)ADとRFIDの組み合わせによる省人化・労働力不足などの社会課題解決に向けた、効果を確認しました。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■ 本実証実験の概要
1.事業名称
・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業(国内消費財サプライチェーンの効率化)」
2.実施期間
・2018年12月10日~12月21日
3.実施目的
・段ボール・カゴ台車・番重などへの電子タグ貼り付け位置ガイドライン策定に係る、読み取り精度の検証

■ 今後の展開
 本実証実験で使用されたCarriRo(R)とRFIDの組み合わせによる省人化ソリューションを製造、物流業界へ拡販し、課題となっている、労働人口の減少による労働力不足の解決を目指します。

■ 物流支援ロボットCarriRo(R)ADについて
 CarriRo(R)ADはジョイスティックによる操作ができるドライブモードおよびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモード、及び自律移動機能を有した台車型物流支援ロボットです。CarriRo(R)ADの機能を活用することで、運搬の生産性を最大約3 倍まで引き上げることが可能です。CarriRo(R)AD単体で最大150kg、オプションの牽引治具を取り付けることで約300kg の荷物を運ぶことができ、倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送に利用することでベルトコンベアやAGV(無人搬送車)を代替することも可能です。販売開始から累計100ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。
【製品Web URL】 (リンク »)
【動画】  (リンク »)

【CarriRo(R)ADの主な仕様】

[表: (リンク ») ]


 「自律移動モデル」の上記仕様は基本的に2019年モデル(追従機能)と同一と想定していますが、今後変更の可能性があります。

【凸版印刷株式会社】
(リンク »)
本社: 東京都千代田区
代表取締役社長: 金子 眞吾

凸版印刷は1900 年の創業以来、原点である「印刷術」を「印刷技術」に進化させていくと同時に、事業分野の拡大に努めてきました。ここに「マーケティング力」「IT力」「クリエイティブ力」、さらにさまざまな加工技術が融合・進化した姿を、凸版印刷では「印刷テクノロジー」と呼んでいます。この事業基盤のもと、現在では「情報コミュニケーション」、「生活・産業」、「エレクトロニクス」の3 分野で事業を展開しています。RFID 関連事業では、日本におけるパイオニアとして最先端の技術を有しており、RFID を用いた物品管理や資産管理ソリューションを展開。企業の物流センターや生産工場などへ多数導入されています。

【株式会社ZMP】
[画像3: (リンク ») ]

(リンク »)
本社: 東京都文京区
代表取締役社長: 谷口 恒

「Robot of Everything ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、1. ADAS(先進運転支援)、自動運転開発用プラットフォーム RoboCar(R)シリーズ及びセンサ・システム、2. 移動体メーカ(自動車、商用車、建設機械、農業機械、物流搬送機器、屋外作業機械等)向け自動運転等の開発支援、実験代行 RoboTest(R)、3. 物流支援ロボットCarriRo(R)の開発・販売を行っています。また、2020 年の自動タクシー(R)の実現に向け、公道での技術及びサービスの実証実験を重ねています。日本初の歩道走行を目指す宅配ロボット CarriRo(R) Deli の実証実験を重ね、量産化へ向けた事業パートナーの募集を開始しました。ZMPはこれからも世の中に感動を与える製品やサービスを提供してまいります。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]