RPAテクノロジーズ「BizRobo!」が名古屋大学医学部附属病院で全国医療機関のモデルケースを目指し、RPAツール「BizRobo!」本格導入開始

RPA テクノロジーズ株式会社 2019年04月16日

From PR TIMES

~RPAを活用し、職員の働き方改革を実現する~

 RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下 「RPA ホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、国立大学法人名古屋大学医学部附属病院(所在地:愛知県名古屋市、病院長:小寺 泰弘、以下「名大病院」)の院内全ての事務部門にてRPAテクノロジーズが提供するRPA ツール「BizRobo!」を、2019年5月より本格導入いたします。

 医療業界は医師や看護師をはじめ様々な職種において、過重労働・人手不足に悩まされています。今後、高齢化社会が拍車をかけ、労働需給の逼迫は深刻化していきます。

 その中で事務業務の効率化・自動化を行うことは、余力時間を確保し、このような時間を活用して、病院の企画・戦略的な業務、患者サービス、医師や看護師等コメディカルの事務サポート等、より付加価値の高い業務へタスク・シフティングできる可能性があり、RPAは働き方改革を実現する手段の一つとして、医療関係者から高い注目を集めています。

 上記目的を達成する施策としてこの度、RPAテクノロジーズは、RPA ツール「BizRobo!」の名大病院における本格導入を開始します。国立大学病院では他機関に先行する事例となります。

 名大病院は、RPAテクノロジーズと医療分野の戦略的パートナーであり「BizRobo!」の販売代理店でもあるスカイライトコンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:羽物 俊樹、以下「スカイライトコンサルティング」)の支援の下、2018年12月から業務の洗い出しを行い、総務課、人事労務課、経営企画課、経理課、医事課の各部署にて実証実験を行ってきました。医師勤務時間の集計、外部資金や科学技術研究費補助金の収支簿作成、医事施設基準に関わる各種データの集計等9つのロボットを職員自らの手で作成し、合計415.7時間の業務削減が可能となりました。

 2019年5月からは、院内全ての事務部門においてRPAを本格導入することで、合計で約9,800時間(2019年4月現在)の業務効率化が見込まれます。本事例をモデルケースとして全国の国立大学病院に成果を共有し、RPAテクノロジーズは業務効率化を有効活用した医療現場の働き方改革を支援していきます。

■名古屋大学医学部附属病院 RPA実証実験内容
期    間: 2018年12月~2019年2月
代替作業内容: 実証実験の対象業務は、会議開催案内メール自動送付、医師勤務時間計算、
患者数統計作成、過誤納リスト作成、薬剤師一覧自動作成など院内の主な事務業務
成    果:9体のロボットを職員自らの手で作成し、合計415.7時間の業務削減を実現


■名古屋大学医学部附属病院 永家清考事務部長 コメント
 定型的な業務についてはRPAを推進し、職員は病院の企画・戦略的な業務、患者サービス、医師や看護師等コメディカルの支援等、より付加価値の高い業務へのシフトを実現していきたい。

 RPAテクノロジーズおよびスカイライトコンサルティングは、今年度を医療業界のRPA元年と位置付け、BizRobo!のサービス提供に加えて、医療業界に特化した研究会や協会設立等コミュニティ作りにも注力し、医療機関同士の横連携を強化する等業界全体を支援してまいります。

【事業体概要】
■RPAテクノロジーズ株式会社について ( (リンク ») )
・本社所在地: 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設 立: 2013年7月
        クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572 東証第一部)より、会社分割により100%子会社として設立
・代 表 者: 代表取締役社長 大角 暢之
・資 本 金: 3,000万円
・事 業 内 容: コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

■スカイライトコンサルティング株式会社について( (リンク ») )
・本社所在地: 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー12F
・設 立: 2000年3月
・代 表 者: 代表取締役 羽物 俊樹
・資 本 金: 1億8200万円
・事 業 内 容: ビジネスコンサルティング事業 (経営情報の活用支援 、業務改革の推進支援 、T活用の企画および導入支援 、新規事業の立上げ支援)および各種投資事業

■国立大学法人名古屋大学医学部附属病院について( (リンク ») )
・所 在 地: 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65番地
・開 設: 1871年(明治4年)
・病 院 長: 小寺 泰弘
・職 員 数: 2,169 (2018年5月1日現在)
・病 床 数: 1,080床

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]